Your Name 「君の名は。」

20/10/2016 § コメントする

img_7301

今月、5−16まで、ロンドンフィルムフェスティバル、という映画祭が行われておりました。毎年開かれている、映画祭で、毎年何本かの日本の映画が招待されており、見たいと思った映画が2本ありました。

一本は、是枝監督の、「海よりもまだ深く」、

そして、もう一本は、新海誠監督の、「君の名は。」

見てまいりました。

是枝監督は、歩いても歩いても、や、海街ダイアリーなど、好きだなあ、とファンなので、最新作も期待。相変わらずの大きな事件は起こらないけれど、家族の描写に、俳優陣の素晴らしさに、満足。

そして、日本でも、多くの人に支持されている、「君の名は。」は、私は普段あまり見ないアニメーションの映画で、ロンドンのこの映画祭でも、アニメーションとしては、初めて招待された作品だそうです。

img_7304

オットを誘ったのですが、海よりも、は、平日の昼間の会しかチケットが残っておらず、断念、君の名は、は、アニメーションなんだけれど、というと、僕はいいかな〜と、あまり乗り気でなく。一人で映画、行くもんねー。

会場が暗くなり、オープニングの、短いCMがかかり、、映画が始まる、と思ったら、いきなり会場が、パーっと明るくなり、女性が登場、マイクを持って話し始めたと思ったら、新海監督が、舞台袖から登壇! 観客からどよめきが起こりました。舞台挨拶など知らされておりませんでしたので。

喜怒哀楽の全ての感情を含んだ、見たあと明るい気持ちになれる映画を作りたかった、ロンドンには、9年くらい前1年近く住んでいたので、懐かしさもあり、こんな形で戻ってこれて嬉しい、などお話しされておりました。

映画は、皆さんと同じに、大変満足。

始まりの第一シーンから、終わりまで、文字どおり、現実からすっかりと抜け出して、映画の世界にどっぷりはまり込んだ約2時間、映画以外は何も一切考えず、感じず、その世界に身を委ねる快感を久しぶりに味わいました。

映画が終わると、大拍手、そして、普通、映画終了と同時に、どんどん退場していくロンドンの観客、エンドロールが、終わっても7割以上の人が席に残っており、エンドロールの最後が終わると、座ったまま、また拍手。会場が明るくなって、皆さんのろのろと腰を上げたのでした。

日本人と見られる方は、1割くらいしかいない会場で、この反応、なんだか、同胞として、ウレシクなったのでした。

 

 

小さなまちで アランデル

04/10/2016 § 2件のコメント

今回の旅で、ランチは外で食べようね、と言って、ホテルから訪れたすぐ近くの小さな町。

Arundel という静かで、小さいけれど、町の中に川が流れ、大きなお城と聖堂のある町でした。

この辺りに多い、少し優雅で、かわいらしい町。

町には、チェーンではない、個人経営のカフェや、レストラン、そして、たくさんのアンティークショップが軒を連ねており、覗いて歩くのが、とても楽しく。大きいものから小さいものまで、ありとあらゆる、ジャンクにしか見えないものも含み、あっという間に時間が過ぎます。

img_0480

アンティークショップにつられていた、古いフランスのシャンデリア。白くて、優美で、オットと一目惚れ。真剣に買い求めようかと話しましたが、全体の長さが1メートル。天井が4mはないと無理だよねえ・・・・と、諦めました。

img_7011

こんな車も、停まってる。あ、、いつかこんな車に乗ってみたい

img_7014

軽いランチ中。あちこちのカフェに、Dog Welcome、と看板が出ています。ブロッサムさんもこのとおり。町の真ん中の小さい広場を見下ろす、カフェの2階で、高みの見物のぶぅさん。

img_7018

食事を終えて店を出たら、ちょうど、男性が、店の前の通りに、バイクを止めているところでした。で、見て見て、このバイク! 僕、車、乗らないので、犬を連れて歩くのにちょっと困って、考えて小さい頃から、慣らしたんだよ、とのこと。雨が降ったら、専用のビニールカバーをかけるんだ。と話していました。可愛がられています。

田舎は、犬に優しいんだなあ。。。

あ、ちょっとだけ残念だったのは、この町のお城はわんこさん、NGでありました。

そして、海辺のホテル

02/10/2016 § 2件のコメント

img_6952

玄関到着、興味津々

img_6956

お部屋には天蓋付きのベッドがドーン。

img_7057img_7058img_7059

ワンコさん、ウエルカムの海辺のホテル&スパ!

お部屋も建物も(私たちが泊まった部屋は、海が遠くに見えて、茅葺屋根でありました)スパには、外プールに屋内プール、ジムにセラピールームも完備。庭にはヘリコプターも降りられますよん。

海までは歩いて、7−8分。ビーチもほとんど貸切状態。天気も良くて寒くもなかったけれど、やはり9月も半ばの平日だからでしょう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ダイニングは犬が入れませんが、部屋にブロッサムさんを置いていくのは忍びないので、朝は、ラウンジで、いただきたいとお願いしたら、テーブルクロスを持ってきてくれて、ちゃんとセッティングしてくれました。ありがたい。

料理はフレンチで、初めて雉のお肉をいただきました。

ブールにある、ジャグジーで、あたたまり、アロマセラピーを受けたり、のんびり。

ちょっとだけ、贅沢してきました。これで本当に私たちの夏も終わりです。

備忘録、ホテルは、ここ ー Bailiffscourt Hotel & Spa

Parham House パーハムハウス

29/09/2016 § コメントする

遅い夏休みにブロッサムと共に、出かけました。

ウエストサセックス地方に出かけたのですが、途中、お庭を見ていこうということで立ち寄ったのは、Parham House パーハムハウス。エリザベス朝に建てられた、お屋敷で、お庭が有名です。

すでに9月も終わりに近づいたので、お庭、と言ってももう終わりだろうとあまり期待しなかったのですが、思いの外花が残っていて、嬉しい限り。

img_6912img_6917

見渡す限りの広大な敷地(相変わらず)で、ワンコオッケー!

img_6919

とりあえず、腹ごしらえ。庭でランチしましょ。

img_6921img_6924img_6925

古い井戸があちこちにありました。趣があって、素敵ね。

img_6927

長い、壁に沿って、有名な、ウォールガーデン。

img_6937img_6941img_6943

温室も、縦長の珍しい形です。

今回、ピップ君はお兄ちゃんと家で、おする番。

夜の間、起き出して、マーキングしてしまうようになったので、今回のように、お泊まりの時は、ちょっと難しくなりましたね。

img_6945

ちょうど、リンゴの収穫時期。こんな風に仕分させておりました。横にあるのは古いジューサーですね。昔は、この機械に挟んで、果汁を絞ったのでしょう。

img_6948

ゆっくり庭を見て、庭に隣接するカフェでお茶を飲んで、のんびり出発。
その途中の道で、こんな珍しい方たち。

img_6950

雉のカップル?プラス1。オス2匹とメス1匹。猟師さんに撃たれませんように。こんな子たちがいたよ、と友人に写真を送ったら、前に向かって逃げたでしょ、と言われました。

そうなんです、脇によけてくれれば良いのに、この子達、前に向かってトコトコと逃げるのですよねえ。後ろから車で、ゆっくり走って行きました。

この後、ホテルに向かいます。

つづく

揺れる麦畑

08/08/2016 § コメントする

最近、休みになると、ぐうたら何もせずに過ごしてしまう、という癖が染み付いていて、

これではいけない!と、話し合い、できるだけあちこちでかけようキャンペーンを、実施することに。

美しく晴れて、残り少ないと思われるこんな日こそ、いつもと違うところへ散歩に行きましょう。

車で、40分。8キロの散歩コース。

IMG_4938

出迎えてくれたのは、収穫直前のたわわに実った麦。

IMG_4939

乾いた大地に、すっくと茎をのばし、カサカサという音を立てて、風にたなびく様は、映画のよう。

日本だったら、水の張ってある、田んぼになるのだろうなあ。

IMG_4941

途中、牛さんに遭遇。元気ジジイのピップクンは、好奇心満々で、突進しそうになり、(牛は怖いですよ〜)

IMG_4942

 

ブロッサムさんは、およびごし。立ち止まっていたら、みなさん、わらわらと集合してきました。牛さんたちも暇してたのかな?

IMG_4943

みなさん、お見送りくるしゅうない・・・

 

IMG_4944

一部、収穫が始まっていました。あと数日遅かったら、全て刈り取られて、違う景色になっていたでしょうね。

IMG_4948IMG_4949IMG_4950IMG_4951

馬たちも優雅にくつろいでいました

IMG_4955

馬は、美しい生き物ですなあ。

IMG_4963

みなさん、ご挨拶を忘れずにね。

このあと、パブで、冷たいビールを飲んで、帰宅。オリンピックみましょうね。

***

朝、目覚めて、ニュースで知った、荻野選手の金メダル。

おめでとうございます。

4年前、ロンドンオリンピックのボランティア初日、お会いした、高校生アスリートが、ついに世界の頂点に。なんだかとっても、嬉しくて、ニマニマ。

その時の記事は、こちら (クリック)

しかし、あれからもう、4年。

 

卒業とヘッドスカーフ、そして紙袋

20/07/2016 § 8件のコメント

今年いちばんの暑さが、イギリスにやってきた昨日。

No2こと、息子の大学の卒業式がありました。

IMG_6008

卒業は叶わないだろう、と思っていた時期が、今まで何度もあったので、私とオットには、とりわけ感慨深く。

ここに来るまで、学業という面では、あちらこちらへ寄り道し、いつまでも、成長せず、私には理解不能の息子と、同じ家の中で空気を吸うことすら耐えられず、自身が家出したりしたこともありました。もう、息子ではなく、扶養義務のある単なる知り合いと思おう、もう見限ろうと思ったものの、日本の母に、親が子供を見限ることだけはしてはいけない、と諭され、なんとか凌いだ日々もありました。

今回の卒業も、最後の試験が終わっても、卒業式の連絡も報告も、彼から全くなく、学校のサイトで、卒業式を調べたところ、招待客のチケットは、売り切れ、と出ていて、それを見て、きっと卒業できないのだ、と私は、信じ込み、半日泣いたのでありました。翌日、卒業式の日程を彼から言われて、泣き笑いしたのでありましたが。

とりあえず、親としての義務は果たしたかな?

これからは一人で生きていけるよう、仕事を見つけて、1日も早く自立してください。

お願いします。

式自体は、最小限のスピーチだけで、一人ひとり壇上に呼ばれ、卒業証書を受け取るのですが、一礼とか、両手で証書を受け取るとか、全くなくて、呼ばれて、代表と握手。そのまま歩きつづけて証書を片手で、ひょいと受け取り、そのまま、階段を降りて、着席。 式自体は、全体で1時間半ほど。

式は、学部ごとに日にちと時間をずらして、小分けにして、行われておりました。

長女の大学は、大規模な式で、時間も長く、場所もあちこち移動しなくてはならず、大変だった思いがありましたが、今回は、ほとんど建物の中で、33度にもなった気温を考えると、ラッキーでありました。

ガウンや帽子は、レンタル、写真を撮ってくれるサービスも学内の会場そばにあり、システマチックに運営です。

学位やレベルによって、ガウンの色や、帽子の形などが違っており、上の学位になるほど、カラフルになっていくのはわかりやすいですね。

そして、この卒業式の会場で、とても残念だったことがありました。

式の会場は事前座席指定で、指定された場所に着席した私たち。人種の坩堝のこの国にふさわしく、様々な人々に囲まれておりました。

私たちの左側は、白人女性。前は見事な黄色いサリーを着た奥様とご主人のインド系の方、斜め前は、中国系とみられる3人組、右隣は、頭にスカーフを巻いた20代前半のお金持ちと思われる女性二人組。

式が始まって、すぐ、真後ろに座った中近東系の中年男性の携帯から、音がしました。あらあら、仕事のメールでも届いちゃったのかしら?と思っていたのもつかの間、それからも何度もなんども、音がします。これ見よがしに、オットと音がするたび振り向いて、ジロッと見ても、どこ吹く風。そのうち気づきました、たまに、人工的に作られた拍手の音やワーという、人工的な声なども何度も聞こえてくること。

音を切らずに、携帯のゲームをずっとやっているのです。

いつも穏やかなオットさんが、珍しく「音を切ってもらえますか?」

しばらくは音を切ってくれましたが、ほとぼりが冷めるとまた音を上げてゲームをし始めたのでした。ゲームしたいなら、外でやればいいのにな。人の話も聞かず、拍手もせず、なぜ、ここにいるのでしょう?

そして、右隣のヘッドスカーフの若い女性。

膝に置いていた、プログラムとチケットが彼女の膝から滑り落ち、私の足の上に落ちました。すぐに拾おうとしないので、私がかがんで、拾って手渡すと、チラッとこちらを見て、表情を一切変えず、全くの無言。

はぁ???

5秒ほどして、気づきました。意図的に無視された?私? この国では、こういうことがあると、ニコッと、ありがとね、というのが、当たり前なので、何が起きたのか、理解するのに、時間がかかる私。明らかに、私は、無視されたのでありました。

式も滞りなく終わり、退場する直前になって、右の女性のその隣のやはりスカーフの連れが、バッグを開けた時、コインを15枚ほど、床にばらまいてしまいました。

その前のこともあったので、私は、あえて無視。そのまま傍観していたら、なんとその、二人組、小銭を拾うこともせず、そのまま、コインは其処におおっぴらに、ばらまかれたまま。その二人は何もなかったのように、退場していきました。

一円を笑うものは、一円に泣くのだぞ。

式の後、一人で、ずっと心の中が、もやもやしていた私、帰る途中、立ち寄った、レストランで、オットと息子に、この無視された&コイン事件を話しました。

で、聞いてみました。

「ねえ、もし、私が、白人だったら、無視したと思う?」

「そりゃ、絶対しないよ」

と、頭にくることに、即座に、はっきり、二人とも、声をそろえて言ったのでした。

世界で、人種や、宗教の違いで、起こる諍いが続いています。ねえ、仲良くしませんか?こんなことでも、2時間以上、人の心はモヤモヤしてしまうのだよ。こういうのもっと大きなことが、積み重なって、大きな諍いになるのにな。

しばらくは、スカーフをした、若い女性を見ると身構えてしまいそうな自分がいます。いやだなあ。

でもね、とってもうれしいこともあったんですよ。

私が卒業式前日、何着て行こうかな〜?とワードローブの前で、悩んでいたら、No3こと末娘が、

「はい、これ」

と持ってきてくれた紙袋。

私が、一緒にセールに行った時、欲しかったけれど、予算オーバーだったし、私なんて誰も見ていないから、新しい服はいらないわ、と買うのをやめた、白いトップが入っていました。

息子は、もう卒業できないに違いないと、部屋にこもって泣いていた私を、彼女は見ていました。元気出して、と慰められるダメ母。ママ、卒業式に出られるなら、これを着るべきだと思ったの、と、決して高くない時給で、2箇所アルバイトを掛け持ちして稼いだお金で、私のためにわざわざ買いに行ってくれて、プレゼントしてくれたのでした。

うえ〜ん。

IMG_6005

大事にします。ありがとね。

草間彌生に会いに行く

28/05/2016 § 2件のコメント

IMG_5387No1から、休みなので、デートしよう、との誘い!

ちょうど所用があって、オットが休暇を取ると言っていたので、犬たちも気にせず出かけられるし、天気もいいぞー!

で、出かけたのは、草間彌生さんの展示会 ←クリック

外から見ると、何の変哲も無い、倉庫で、入り口は不愛想な鉄の扉に、インターフォンがあって、ここか?なんて言いながら恐る恐るならすと、にっこり係りの方が迎えてくれました。

IMG_5350

出迎えてくれたのは、巨大カボチャ3対IMG_5358

鏡の部屋に迷い込んだ私たち

IMG_5370

こんなドアを抜けて庭に下りると

IMG_5371

デッキに続く、池には、無数のステンレスのボール

IMG_5378IMG_5383

壁一面ガラスの、大空間は、本当に贅沢。

IMG_5375

庭にある、ガラスの箱。中に入ると、小さく開いた穴から、光が差し込み、内側の鑑に反射して、これまた異次元。

IMG_5366

煌きながら回るシャンデリアにも、ぽかっと開けた口がふさがらず。

昔は、食わず嫌いで、好感を持てなかった草間さんですが、絵画を含め、実際に作品に触れると、情熱とも言える、狂気が直接伝わってきて、圧倒される作品群でありました。

気持ちの良い、娘との楽しいデート、この後、すぐ近所のジェイミーオリバー氏が経営する、Fifteen で、ランチの、楽しい1日を過ごしました。

デザートの、パンナコッタ、ああ、美味しかったよーーう。夢に出そうです(笑)

 

IMG_5392

あ、この展示会、入場無料であります。ロンドンに来られる際は是非!

国営の美術館、博物館も、基本入場無料のこの国、この太っ腹さには、本当に感謝です。また出かけなきゃ。

 

Where Am I?

London徒然草お出かけ カテゴリーを表示中です。