Window Shopping

13/10/2016 § コメントする

日本と家の作りがだいぶ違うこの国。

築100年など当たり前、1600年代にたった家などが、未だに、実際の居住空間として現役で、問題なく使われていたりします。建物は、レンガや、石で作られており、この国には地震も台風もなく、火事になっても、燃えるのは内部だけで、外側はそのまま、と強いので、日本とは、「ずいぶん違う」と言って間違いないでしょう。

キッチンやバスルームなども、各家庭、個性豊かで、自分のしたいようにするこの国では、作り付けのユニットバス、などほぼ存在せず、バスタブ一つ取っても猫足のものから、フレンチスタイル、などなど、よりどりみどり。

また、家やインテリアにかける情熱たるや、日本人とは桁違いで、着るものはどうでも良い人でも、家には湯水のようにお金を使う人も多く、価値観が違うんだなあ。。と。

で、我が家、今の家に引っ越してきて、12年、ついに、窓をほぼ全て、入れ替えることになりました。窓も例外ではなく、ステンドグラス入りのものや、窓の枠の中に仕切りがあるもの、針金が入っているものなど様々なバリエーションの中から選ぶことが可能です。

我が家の窓は、一応、今までも寒冷地仕様に、2重窓にはなっていたのですが、幾分、前に住んでいた住人が、ずいぶん前に変えたきり、窓枠も相当痛み、2重窓の中に水分が入り込んで、白く曇って、勝手に曇りガラスになったりしておりましたので。

文字通り、ウインドウショッピングです。

窓の形や大きさ、窓枠の色も、開け方も、ずべてオーダーメイドで、注文になります。

注文してから、大きさをはかりにくる特別な人が我が家にやって来て、いきなり窓枠をドライバーで一部ベリベリと剥がし、中を確認しながら、正確にサイズをはかり、じゃあ、8週間待ってね!!!(驚)といって帰って行きました。

夏に注文した窓は、気温10度を切る秋になって、出来上がり、取り替えには一週間以上かかるので、よろしく、と言われ、今週、ついに、窓の取り換え工事が始まりました。

img_7269

いきなり、窓を枠ごと、ガンガン外し、家が崩れないように、窓枠の支えを立てて(怖いよ〜)

img_7227

メキメキ、バキバキ壊すは、外すは

img_7231

新しい窓を、必死にはめ込む職人さん。窓枠に近いレンガが一枚、飛び出ていて、入らないと四苦八苦。

img_7250

今まで、お世話になった窓さん、さようなら。

ということで、一週間、朝から晩まで、音と埃を避けながら、一部屋に犬二匹と、こもっております。ご想像の通り、家中、埃舞い散り、家具はあちこち移動、寒いのに、ドアも、「窓」も開けっ放し、というか、ない?し、じっと我慢の子であります。

明日はトイレとお風呂場の窓だそうで、あと一息。早く終わるといいねえ、

IMG_7282.JPG

夕方、やっと散歩に出かけたら、マロニエ、馬栗の実が、頭上にボトボトと落ちてきました。

すっかり秋ですね。

 

広告

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

London徒然草 で「Window Shopping」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。