Put to sleep

10/10/2016 § コメントする

今日は、ちょっとセンシティブな話題です。ごめんなさい。

ご存知イギリスの女王様、エリザベス2世は大の犬好きで知られています。特に、コーギーが大のお気に入りで、彼女の行くところどこでもついていき、4年前のロンドンのオリンピックの開会式でも、ジェームスボンドとヘリコプターから飛び降りる前に宮殿の中を歩いている時もコーギーが一緒に足元を走っておりました。

そのうちの一匹、ホリーが亡くなったそうです。

記事はこちら

一時はたくさんの犬と暮らしていた女王様ですが、コーギーのホリーを失い、残るのは、ウィロウというコーギーと、コーギーとダックスのミックス犬、キャンディーと、バルカンの三匹のみになりました。2012年以降、新しい犬は、もう飼わないとお決めになったようです。もちろん、ご自身の年齢を考えて、自分が亡くなった後に、犬を残したくない、というお気持ちから。

img_7191

そして、数日前、13歳で、病気だった、ホリーを、put down 女王、自らの意思で、安楽死させたとのこと。

この国で犬を飼う人々の口から、こちらに来て間もない頃、put down , put to sleepという言葉をきいた時は心底驚いたものでした。

仏教信者か?と言われると、違う、と断言できる自信がある自分ですが、まだ、心臓が動いているのに、自らの意思で、命を奪うというのが、どうしても腑に落ちなかったでありました。

でも、今、周りで犬を飼っているたくさんの友人たち、ほとんど、みなさん、自分の愛犬の最後は、安楽死です。なぜ?と踏み込んで聞いてみると、歩けなくなって、匂いを嗅いだりできなくなって、自然界ではそれでは生きて行かれない状態になったら、こちらで、終わりにしてあげるべきだ、というのがこちらの常識に近い、共通の考え。

自分が、本当にそれができるのか、そうするのか? 勇気も、覚悟も全くありませんが、歩けなくなったら、ご飯が食べられなくなったら、というラインは、覚えておこうと思っています。特に大型犬の場合はなおさらです。

元気に歩いて、クンクン匂い嗅いで、行きたいところへ行かれて、そんな自由をなるべく長く続けられるように、それを望むばかりです。そういえば、人間も、この国では寝たきりの方はいないのだよなあ。。胃瘻や人工呼吸器で、というチョイスは、ほとんどないな、そういえば。

我が家の老犬ピップくんもあと少しで、15歳。20歳目指して、頑張ってもらおうと思います。

できるのは、毎日、愛してあげること。

そして、おやすみの挨拶の時、ずっと大好きだよ、と言ってあげること。

これだけは絶対に忘れずに、ね。

広告

タグ: , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

London徒然草 で「Put to sleep」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。