卒業とヘッドスカーフ、そして紙袋

20/07/2016 § 8件のコメント

今年いちばんの暑さが、イギリスにやってきた昨日。

No2こと、息子の大学の卒業式がありました。

IMG_6008

卒業は叶わないだろう、と思っていた時期が、今まで何度もあったので、私とオットには、とりわけ感慨深く。

ここに来るまで、学業という面では、あちらこちらへ寄り道し、いつまでも、成長せず、私には理解不能の息子と、同じ家の中で空気を吸うことすら耐えられず、自身が家出したりしたこともありました。もう、息子ではなく、扶養義務のある単なる知り合いと思おう、もう見限ろうと思ったものの、日本の母に、親が子供を見限ることだけはしてはいけない、と諭され、なんとか凌いだ日々もありました。

今回の卒業も、最後の試験が終わっても、卒業式の連絡も報告も、彼から全くなく、学校のサイトで、卒業式を調べたところ、招待客のチケットは、売り切れ、と出ていて、それを見て、きっと卒業できないのだ、と私は、信じ込み、半日泣いたのでありました。翌日、卒業式の日程を彼から言われて、泣き笑いしたのでありましたが。

とりあえず、親としての義務は果たしたかな?

これからは一人で生きていけるよう、仕事を見つけて、1日も早く自立してください。

お願いします。

式自体は、最小限のスピーチだけで、一人ひとり壇上に呼ばれ、卒業証書を受け取るのですが、一礼とか、両手で証書を受け取るとか、全くなくて、呼ばれて、代表と握手。そのまま歩きつづけて証書を片手で、ひょいと受け取り、そのまま、階段を降りて、着席。 式自体は、全体で1時間半ほど。

式は、学部ごとに日にちと時間をずらして、小分けにして、行われておりました。

長女の大学は、大規模な式で、時間も長く、場所もあちこち移動しなくてはならず、大変だった思いがありましたが、今回は、ほとんど建物の中で、33度にもなった気温を考えると、ラッキーでありました。

ガウンや帽子は、レンタル、写真を撮ってくれるサービスも学内の会場そばにあり、システマチックに運営です。

学位やレベルによって、ガウンの色や、帽子の形などが違っており、上の学位になるほど、カラフルになっていくのはわかりやすいですね。

そして、この卒業式の会場で、とても残念だったことがありました。

式の会場は事前座席指定で、指定された場所に着席した私たち。人種の坩堝のこの国にふさわしく、様々な人々に囲まれておりました。

私たちの左側は、白人女性。前は見事な黄色いサリーを着た奥様とご主人のインド系の方、斜め前は、中国系とみられる3人組、右隣は、頭にスカーフを巻いた20代前半のお金持ちと思われる女性二人組。

式が始まって、すぐ、真後ろに座った中近東系の中年男性の携帯から、音がしました。あらあら、仕事のメールでも届いちゃったのかしら?と思っていたのもつかの間、それからも何度もなんども、音がします。これ見よがしに、オットと音がするたび振り向いて、ジロッと見ても、どこ吹く風。そのうち気づきました、たまに、人工的に作られた拍手の音やワーという、人工的な声なども何度も聞こえてくること。

音を切らずに、携帯のゲームをずっとやっているのです。

いつも穏やかなオットさんが、珍しく「音を切ってもらえますか?」

しばらくは音を切ってくれましたが、ほとぼりが冷めるとまた音を上げてゲームをし始めたのでした。ゲームしたいなら、外でやればいいのにな。人の話も聞かず、拍手もせず、なぜ、ここにいるのでしょう?

そして、右隣のヘッドスカーフの若い女性。

膝に置いていた、プログラムとチケットが彼女の膝から滑り落ち、私の足の上に落ちました。すぐに拾おうとしないので、私がかがんで、拾って手渡すと、チラッとこちらを見て、表情を一切変えず、全くの無言。

はぁ???

5秒ほどして、気づきました。意図的に無視された?私? この国では、こういうことがあると、ニコッと、ありがとね、というのが、当たり前なので、何が起きたのか、理解するのに、時間がかかる私。明らかに、私は、無視されたのでありました。

式も滞りなく終わり、退場する直前になって、右の女性のその隣のやはりスカーフの連れが、バッグを開けた時、コインを15枚ほど、床にばらまいてしまいました。

その前のこともあったので、私は、あえて無視。そのまま傍観していたら、なんとその、二人組、小銭を拾うこともせず、そのまま、コインは其処におおっぴらに、ばらまかれたまま。その二人は何もなかったのように、退場していきました。

一円を笑うものは、一円に泣くのだぞ。

式の後、一人で、ずっと心の中が、もやもやしていた私、帰る途中、立ち寄った、レストランで、オットと息子に、この無視された&コイン事件を話しました。

で、聞いてみました。

「ねえ、もし、私が、白人だったら、無視したと思う?」

「そりゃ、絶対しないよ」

と、頭にくることに、即座に、はっきり、二人とも、声をそろえて言ったのでした。

世界で、人種や、宗教の違いで、起こる諍いが続いています。ねえ、仲良くしませんか?こんなことでも、2時間以上、人の心はモヤモヤしてしまうのだよ。こういうのもっと大きなことが、積み重なって、大きな諍いになるのにな。

しばらくは、スカーフをした、若い女性を見ると身構えてしまいそうな自分がいます。いやだなあ。

でもね、とってもうれしいこともあったんですよ。

私が卒業式前日、何着て行こうかな〜?とワードローブの前で、悩んでいたら、No3こと末娘が、

「はい、これ」

と持ってきてくれた紙袋。

私が、一緒にセールに行った時、欲しかったけれど、予算オーバーだったし、私なんて誰も見ていないから、新しい服はいらないわ、と買うのをやめた、白いトップが入っていました。

息子は、もう卒業できないに違いないと、部屋にこもって泣いていた私を、彼女は見ていました。元気出して、と慰められるダメ母。ママ、卒業式に出られるなら、これを着るべきだと思ったの、と、決して高くない時給で、2箇所アルバイトを掛け持ちして稼いだお金で、私のためにわざわざ買いに行ってくれて、プレゼントしてくれたのでした。

うえ〜ん。

IMG_6005

大事にします。ありがとね。

Pokemon Go

18/07/2016 § コメントする

巷で、ものすごーく流行っているので、好奇心旺盛なおばちゃん、ダウンロードしてみましたよん。

IMG_5958

リアルな現在地の地図を使って、近辺に現れる、ポケモンをゲットするべく、自分が走り回る、

というのが一番わかりやすい説明でしょうか?

写真は、今、斜め右方向に自分が、行けば、ポケモンがいるよ〜と、指示が出ている画面であります。この画面をもとに、自分がその場所に行けばゲットできるかも!です。地図から見ると、だいたい歩くと、6〜7分の場所にいるとのこと。

同じエリアにいる、ゲームをしている人にも、このポケモンが見えるので、近辺にいる人は走って行って既に、取られてしまっている可能性もあり。。

と、いうことで、一応、私め、昨日、2匹ゲットしてみました。

この画面に釘付けで、ポケモンを探して、崖から落ちたり、病院を走り回ったり、道を無理やり渡ったり、社会的に、いろいろ問題が起きておりますね。確かに、一生懸命になってしまうと、そういう側面も否定できません。

ただ、自分が移動して、ゲームをする、というのは、全く新しいゲームに、違いありません。

引きこもっている子供を外に駆り出すには、いい方法かもです。

そして、外に駆り出した後、画面だけでなく、ゲームを一度ストップして、その場所を見回して新しい場所を味わってみる、という使い方が出来れば、夏休みのいい体験になりそうです。

この先、私がこのゲームやり続けるかは、大きな疑問ですが、息子曰く、私のように毎日、歩き回る人にはぴったりなゲームだ、ということです。えーっと、どうなんだか。。

日本では、まだ、リリースされていないらしいですが、リリースされたら、すごいことになるのでしょうね。

さてさて、ずっと、いまひとつだった、ロンドン地方の天気。

やっと今週25度以上の夏っぽい日がやってくるそうです。バンザーイ。

遠くへ行きたい

12/07/2016 § 4件のコメント

永六輔さんが、お亡くなりになりました。

個人的に大ファンだったとか、特に強い思い入れが、というわけではありませんが、書かれるもの、お話しされることに、そうだな、と思うことも多々あり。

彼の、上を向いて歩こう、は、不朽の名作にまちがいありません。が、私は、遠くへ行きたい、も、とても好きでした。

兼高かおる世界の旅、というテレビ番組を見て育った世代の私は、日本とは全く違う、信じられないような風景や、人々の暮らし、「〜なんですのよ」という、自分の周りではあまり聞かない言葉で、レポートをされる、兼高かおるさん、という、私のぺったんこの顔と全く違う、エキゾチックな顔つきをした女性に、憧れておりました。エキゾチックな顔立ちの、兼高かおるさんはインド人の血を引いていると知ったのは、本当に、つい最近。

飛行機に乗る、なんていうのは、現実には、夢物語で、まだ、夢見る少女だった自分。

物心つく頃から、世界中、いろいろなところへ行ってみたいな、いつか行ってみよう、と思っていた自分に、ある日耳にして、ストンと響いてきた、「遠くへ行きたい」の曲。

その後、飛行機会社に勤めて、さんざ飛行機に乗りことになり、ついには、地球の裏側に住むことになったのは、夢見た自分になれたと、喜ぶべきか??

先日、実家に帰った際、自分の家系について、ほとんど何も知らないことに気づき、このままでは、自分の子供たちに何も伝えられないという危機感で、入院中の父の枕元で、いろいろ聞いておくことにしました。

祖母は、日本占領下の北朝鮮(驚)で生まれ、祖父と父は台湾生まれ、母は満州引き上げで、まあ、あちこちで、満州で、台湾で、日本で、事業を起こして、大成功したと思ったら、騙されたり、世が世なら、お姫様のだったはずなのに、放蕩三昧で没落したり、闇市で大儲けしたり、シベリア送りになる途中、脱走したり。。。まあ、大河ドラマも朝ドラも顔負けの家系だったことに、驚愕。

そんな血が私にも流れているのだ!わお。

オチとしては、愛する人と、巡り合って、遠くへ来ちゃった、ということか。。。

で、我が家の子供達、知らないところを旅したいとか、行ってみたい、とか、そういう気持ちは全くなく。。これはどういうふうに理解したらよいのでしょうか? 私から見ると不思議です。彼らの脳裏には、間違いなく、遠くへ行きたい、の曲は流れないようです。

ちなみに、永さんの、上を向いて歩こう、も、遠くへ行きたい、もどちらも、主人公は「一人」ですね。

ご冥福をお祈りいたします。

合掌

IMG_5846

頭に、きつねのウンつけて、怒られているブロッサムさん。。懲りない子です。

さて、イギリスのEU離脱、国民投票から三週間強。あれよあれよという間に、政治はすごい速度で、大きく動き、新しい史上二人目の女性のメイ首相が誕生します。

そして、日本でも参議院選がありましたね。

イギリスは確かに、世界を巻き込んで、大きくものすごい振れ幅で動いています。それが良いことなのか、どうなのかは、別として、一つだけ言えるのは、イギリスで起きていることは、日本のそれより、よっぽどわかりやすいということ。移民で外人の私にも、ああ、そうなのね、とわかるのです。

これがこうだから、こうなる、という部分で、はっきりしています。

筋が通っているというか。そして、日本と比べて、皆、変化を恐れない、言いたいことははっきり言う、主張する、ということ。また、政治というものが、人々の生活と意識の中に、きちんと存在しているということ。また、政治に関係している、優秀な人材のコマが多いこと。

さて、さて、イギリス女性議員の中でも、レパード柄のハイヒールを履きこなすなど、おしゃれ番長の、新首相。

どんな出で立ちで、就任の挨拶をなさるのか。そちらにも注目してみてみましょう。

カーラ、またね。

02/07/2016 § 4件のコメント

IMG_5799

クレマチスが、綺麗に咲きました。

ジャスミンもいい香りを振りまいています。

天気がいまひとつすっきりせず、7月に入ったというのに、気温16度。

ダウンのベストを羽織っています。

そんな日々を暮らすなか、お友達ワンコが虹の橋を渡って行きました。

フラットコーテッドのカーラです(クリック)

2年延命できるかも、と言われて、前足の切除をして、化学療法もしていて、4月には元気だったのにな。

癌との戦い・・厳しいですね。

飼い主さんのナイジェルは、レトリバーが大好きなリタイアした技術者で、レトリバーは可愛いよねえ〜と、ブロッサムもとても可愛がってくれて。

ドッグクラブのガンドックレトリーブで、大好きなピーピー鳴る、卵型のボールをポケットに忍ばせ、カーラを優しく見つめて、一緒にトレーニングしていた姿を思い出します。

どんなに辛いだろうと思うと、胸が詰まって。

虹の橋で、みんなが行くまで、ちょっと遊んでいてね、カーラ。

庭の花たち

今年は、家の工事をするかもしれない可能性があったので、庭は最低限の手入れを、と思っていたのに、そんな年は、お花がよく咲くこと。

少し、心に余裕があって、必死にならない方が、物事って、結局うまくいくのか・・

犬つながりで、住所を知らないナイジェルとカーラに、心の中で、お悔やみの花を手向けました。

犬って、もう少し長生きすれば、いいのにな。

体調を崩していた我が家の2匹は、ほぼ回復。

日常が戻りつつあります。

Where Am I?

London徒然草7月, 2016 のアーカイブを表示中です。