圧力鍋とStaub,ジャックラッセルとゴールデンレトリバー

27/01/2016 § 4件のコメント

イギリスでは、クリスマスが終わると、一斉に、セールが始まります。

今回、セールで狙っていたのは、こんなもの。

IMG_3188

鉄製の、煮込み鍋、Staub.

直火でもオーブンでも使えて、欲しいと思っておりました。ル・クルゼにしようか、こちらにしようか悩みましたが、鍋の内側が、炒めるのにも適しているというのはやはり、大きなメリットでしょう。

早速、おでん(?)まるごとチキン、ビーフの煮込みなど作ってみました。まだ、完全に慣れていないので、勉強途中ですが、のんびり行きます。楽しみです。

今まで、圧力鍋⇦クリック

を、長い間愛用してきました。調理時間を短縮できて、働いていた時はもちろん、子供達に、とにかくご飯を時間に食べさせないといけない時代は、随分助けられてきて、鍋に感謝、ってヘンテコリンですが、文字どおり、私と圧力鍋は、言うなれば同士だった気がします。

でも、ついに夫婦二人のこじんまりのご飯で、仕事もほぼリタイア、ご飯も、決まった時間に食べさせる必要もなくなったので、じっくり煮込み料理をする生活も始めてみたいな、と思ったのです。

私の新たな一歩。ささやかですが、新しいレシピに、挑戦しましょう。

もう、いつも急ぐ必要ないのだ、という自分へのメッセージでもあります。

さて、ワンコさん達。

今日は雨。結構激しく降っておりました。ピップさんは最近、雨が降ると散歩に行かない、と勝手に帰ってしまうので、どうかと思いましたが、今日は、素直についてきました。

相変わらず、散歩道はドロドロなので、散歩の後、2匹を専用犬用、露天風呂で洗って、犬用ドライヤーで乾かして、そのスイッチを切った瞬間、さて家に入るぞ、と、ピップは、大興奮。全くもって、「待てない爺さん」

とにかく、今すぐ、なんでもいいから家に入れろと、ドアの前で、ジャック垂直跳び。待て、と言っても聞く耳、全く持たず。

呆れてしばらく見ていましたが、止まる気配もなく、ずーっと、ぴょんぴょん。

かと思えば、ブロッサムは、後ろの方で、ぼーっと待っています。

待てるゴールデンと、待てないジャックラッセルテリア。

犬種の特徴が、ここまで強いのだよなあ、と、改めて楽しくなっちゃいました。主にこの国ではネズミ捕りのジャックは、待っていたら、ネズミは逃げちゃうから、反射神経が命ですものね。待っていてはいけないわけで。だいぶ乱暴ですが、言うなれば、圧力鍋タイプ。

かたやゴールデンは、猟銃で獲物をしとめるまで、大人しく人について歩き、じっと待っていないといけないわけで、ワチャワチャ騒いだりしては、猟の邪魔。待てと言われたら、じっと待ち、仕留めた鳥を取りに行け、と言われたら、そこではじめて、人の言う通りに動かないといけないレトリバー。こちらは、いうなれば、STAUBタイプ?

まあ、人生も、鍋も、犬も、みんなちがって、みんないい?!(金子みすゞ 風)

ということなのでしょうね。

 

 

 

 

冬本番

21/01/2016 § 2件のコメント

スライドショーには JavaScript が必要です。

IMG_3508

とことこ歩くピップ君。

日本とほぼ時期を同じくして、寒さがやってきました。

今年は暖冬傾向で、今までのんびりしてきたので、ちょっと寒さが身にしみます。

凍っているけど、滑らないで、歩いてね。

IMG_3446

 

 

 

雪も降って、雪化粧。

すぐ消えましたが、

IMG_3501

朝晩は、どこもかしこもコチコチに凍って、

IMG_3517

 

誰かが残した、雪だるまのなごり。

ブロッサムは、見たことがなかったようで、警戒モードで、この塊に向かって、ワンワンと吠えて、遠巻きに見ているだけ。

 

大丈夫だよ、と話しかけ、一緒に近づいて。

 

匂い、かいでごらん。

 

飛行機雲も、くっきり

IMG_3470

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロッサムさんは、まーた、お腹の調子が悪く、私は悩みまくり。

回数は減ったのですが、固まらないのです。困りました。

IMG_3499

 

 

 

お友達が、女の子だし、せめて、お腹を冷やさないように、と、お洋服を持ってきて貸してくれました。

ありがたいです。

本当にどうしたものか。

 

あの頃の未来

13/01/2016 § 7件のコメント

やっと、やっと、冬休みで、家に戻っていた子供達も大学に帰って行きました。

忘れ物(靴下片方、パソコンの充電コード、など)を、郵便小包でそれぞれの住所に発送し、ベッドリネンの大洗濯。掃除機をかけて、拭き掃除をしてホッと。

11月から、ずーっとドタバタとしてきたので、やっと、ホッとできるかな?

ワンズは変わらず暮らしています。

IMG_3360

この前、お散歩で、偶然、出会った、ポインターの、ももちゃん。

日本から来たそうです。びっくり!

ブロッサムさんは、年末体調不良で、減った体重がなかなか戻らず、スリムなまま。ただいま、体重増加大作戦を、絶賛実施中。

で、私はといえば、なんと人生最重量記録、更新です(涙)

ブロッサムさんと変わりたいわ。やれやれ。

IMG_3272

庭の沈丁花。早めの開花です、ロンドンも今年は暖冬です。

さて、年末、実は、耳に、二つ目のピアスの穴を開けました。

20代前半、ハワイに行った時、とっても美しく年を重ねた女性を見ました。その方は、グレーの髪をさっぱりとショートカットにして、シンプルで、カジュアルな服装をして、お友達とバスに乗っていました。

その素敵な女性の、耳には、二つのピアスが光っていました。

片耳に二つのピアス。上にはダイヤが、下にはパールが。それがすごく素敵だったんですよねえ。そして、いつか私も妙齢になったら、ぜひ真似したいと思い続けて、ン10年。

勇気出して、若い子がおこずかい握りしめて、ファーストピアスを開けに行くようなところで、恐る恐る、お願いしました。

自分の娘くらいの歳の若いお店の店員さんに、

「大丈夫?これいる?」

と渡されたのは、ぬいぐるみのクマさん。この子をしっかり握りしめて、耐えるのよ、ということらしいです。ええ、私もしっかり抱っこさせていただきました。こう言う所、イギリスっぽいです。

SMAPの好きな曲、「夜空ノムコウ」に、あの頃の未来に、立っているのかな? 全ては思うほどうまくいかないみたいだ、とありますが、私の耳の二つのピアス、20代の頃に思い描いていた未来に、私は立っているのかな?

そして、その素敵なご婦人を見た、その時のハワイに、一緒に行った、もと同僚の突然の訃報を聞いたのも、この冬休みでした。クリスマスの日に、お別れの会が開かれるという知らせ。日本にいない自分はもちろん駆けつけることができませんでした。あの頃思い描いていた未来に、こんな早く前に天に召されるなんていうオプションは、きっとなかったよな、と空を見上げました。

ひょろっと、長身で、人懐こい笑顔で、ニコニコ笑っている笑顔と、酔っ払った時の裸踊りを、そして、仕事を辞めた後、偶然、本当に偶然、都内で再会し、ベビーカーに乗っていた私の息子を見て、目をまん丸にして驚いていた顔、再就職した仕事中に空港で、出発する彼とその家族にばったり会ったこと。こんな広い世界で、偶然二回も期せずして会ったことがあったなあ。

黙祷。

さてさて、SMAPも、本当に解散してしまうのでしょうか?

 

あけましておめでとうございます

02/01/2016 § コメントする

IMG_3256

月日は、容赦なく流れて、2016年がやってきました。

あけましておめでとうございます。

写真は、イギリスの代表的な紅茶メーカーのキャラクターのチンパンジー申年とのことで、思いつく猿っぽいもの、は、イギリスではこの子かな?ということで。

日本のお正月の、あの凜とした空気感や、初詣の雰囲気、年末の大掃除の大わらわや、お正月特番の振袖姿などもちろんなくて、どうも実感がわかず、違うなあ、という違和感が、毎年、自分は随分と遠いところに来てしまったんだな、実感させられます。

イギリスのお正月は、日本でいう、クリスマスの過ごし方に近く、友人や、恋人と、ヤイヤイ過ごすもの。そして、クリスマスは、日本のお正月に近く、家族が揃って過ごすために、国内はもちろん、世界中を旅してでも、家族に会いに帰省するものなのであります。ゆえに、今年も子供達はそれぞれのご用事で、1月1日は、てんでバラバラの1日になりました。

それでも、元日の夜は、お友達が、餅つき機を持っているので、と作って、持ってきてくれたお餅で、お雑煮を作りました。ほうれん草も切らしていて、人参は、クマの抜き型を使って、なんとか、梅のように無理やり形を整えるなど、なんちゃってではありましたが、出汁を濃くとって、お醤油で味付け。美味しかったです。

また、一人分のおせちも、違う友人が持ってきてくれて、それも、嬉しかった〜!

友人に恵まれる、これって、幸せなことです。

大晦日は年越しパーティーを、元旦は、早速、散歩初めで、ドロドロ2時間散歩をして、2016年が始まりました。

今年も、どうぞ、お付き合いいただけますよう、よろしくお願い致します。

2016年 お正月

 

 

Where Am I?

London徒然草1月, 2016 のアーカイブを表示中です。