雨の祝日に、空を見上げて

31/08/2015 § 4件のコメント

人生それなりに生きてきて、自分の命にも間違いなく限りがある、と、現実を実感し始める年齢になった自分。

今までの自分の人生の中で、たくさん深く関わった人、時間としては短くても大きく心の中に刻まれている人、人間だけじゃなくて、出会った動物、そして、圧倒された旅先での景色など、折に触れて、ふと、思い出す事が、ままあります。

それは、何も考えず愛犬と散歩している最中だったり、何気なく外を見た窓越しに、意識は風景になくて、心の中にある、風景がふと浮かんだり、偶然耳に入ってきた懐かしい曲や、ふと感じた、香りが、きっかけだったり。

昨日、フェイスブックで突然飛び込んできた訃報。

2012年、ロンドンで開かれたオリンピック。ご縁があって、水泳などが行われたアクアティックセンターで、Protocol & Language Serviceというボランティアをさせていただきましたが、そのとき、このチームの大ボスだった、女性が、中東のオマーンで、12人のメンバーと山間部にハイキングに行き、ガイドがいたにもかかわらず、道に迷い、はぐれた彼女一人が、命を落としたとの事。

彼女の事を。当時、こんな風に綴っていました ← クリック

まだ、30台でした。

パキスタン系イギリス人の女性として、ロンドンで育ち、投資銀行で働いた後、その仕事をやめてオリンピックの仕事を全うし、その後、パキスタンや中東で、女性に、教育を!というチャリティーに身を投じて、頑張っていました。オリンピックの打ち上げで、行った、ブリックレーンのカレー屋さんで、自らのパキスタン系というバックグラウンドを語り、私は異端よ、この年まで結婚していないというだけで、十分異端、とカラカラ笑っていた彼女。

つい先日、8月15日にも、私たちボランティアをしたメンバーで作ったフェイスブックのグループに、

「みんな元気にしていますか? あれから3年ですね。イギリスに次回帰国したら、また、いつも集まっていたあの店で集まろうね〜」

と、投稿していたばかり。

賢く、人情もあり、リーダーシップというのは、こういう事だ、と思われてくれる人物で、カリスマもありました。私にとっては、折に触れ、どうしているかなぁ?と思い出す、お一人でした。

8月最後の祝日、サマーバンクホリデー,

雨の降り続く、空を見上げて、心からの冥福を祈っています。

Rest In Peace, Büşra. Great leader and friend truly missed.

ちょっと、辛いです。

人生、明日はわからない! 心して生きて行かねば。ね。

追記

新聞の記事がありました。読んで頂ければどんな女性だったか、わかって頂けると思います。

http://m.thenational.ae/uae/pakistani-villagers-to-pay-tribute-to-dubai-banker-found-dead-in-omani-wadi

広告

ジャック4匹

26/08/2015 § 10件のコメント

IMG_1748

先日、散歩で出会った、この一人とジャックラッセル。

お一人で、4頭連れていました。

ブロッサムさんは、ちょっと遠慮して、遠巻きに様子見。

ピップは大喜びで、グループに乱入していきました。

私でも一瞬どれがピップくんがわからなーい。

「4匹もジャックを飼うって、勇気あるかも〜」

と言ったら、

「そうだねー、でも僕は好きなんだ、ジャック」

だって。

そりゃ、言わなくても、わかりますとも。

ふと、疑問。犬も、同じ犬種同士は、わかるのでしょうか?

人間も、同じオリエンタル系でも、日本人ぽいな?とか、日本人じゃないなあ?とかなーんとなく分かるもんなあ。

ま、人間の場合は、来ている洋服や、お化粧で、判断することが多いですけれど。。

やっぱり、犬は匂いか? な? うーむ。

実りの季節

19/08/2015 § 2件のコメント

今朝は、目覚めて、布団から出した腕が涼しくて、ひっこめました。

すっかり夏は終わりです、諦めてください。。というロンドンです。

IMG_1605

で、お散歩道に、有り余るほどなっている野生のブラックベリーをつまみながら散歩し、

週末、バスケットいっぱい摘んできて(オットが)

IMG_1733

煮込んでジャムを作り(オットが)

IMG_1677

庭になったけど、日本にこれから行くから、食べられないので、もらって、

と2キロ以上もいただいたプラム!

IMG_1678 IMG_1683

こちらも、生ではとても食べきれないので、プラムチャツネを煮て(オットが)

プラムワイン(梅酒?)を作り(ワタシが)

我が家の庭のりんごも、赤くなり始めました。

もう、カーッと暑くなることはなく、夏はフェイドアウトしていくようです。

今年は涼しい夏だったなあ。

IMG_1710

いつもの散歩

17/08/2015 § コメントする

あちこち旅行に行って、落ち着かない日々でしたが、やはり、君たちとこんな散歩に行くのがいいなぁ。

あっという間に、夏も終わりが近づき、雑草の種がふわふわと飛んでいました。

image imageゴルのくせに、温泉部のぶぅさん。今年こその水泳部昇進を目指して、日々練習中。

さて、夏が終わる前に、昇進出来るのか?

Powis Castle ポウイス キャスル 夏の旅行、ウエールズ

16/08/2015 § コメントする

IMG_4746

1200年頃建てられた、お城ですが、1600年後半にイタリアの庭に影響を受けて作られた有名な庭があります。

IMG_4747

高いところに建つお城から、地上まで、大きく4段の階段状に庭がおりてきており、その一段一段に異なる植栽がされています。お花が見事なのは、上から3段目の、花壇。

IMG_4754 IMG_4758

お城から見て右側は、ピンクや、ブルーなどパステル色二揃えられたボーダーが。

IMG_4760

2段目にある、テラスにある、広場。

3段目の左側は、右とがらりと印象を変え、赤、黄といった強い色の植栽になっていました。

言うまでもなく、「お見事」

IMG_4763

IMG_4768

下まで降りた庭の植栽は、また趣が違いますね。

IMG_1342 IMG_1347

イタリアの影響が強くあわらされている、ハンギングテラス。

IMG_1351

このベンチ、折りたたみ式で、左の足が車輪担っていて、簡単に移動できる作りになっておりました。ほしい。

6枚目の写真の奥に壁のような大きなイチイの大木でできた、曲線の美しい生垣があるのですが、これがまた、生きている壁のような、迫力と高さだったのですが、つい先日、ナショナルトラストで、ニュースになっていました。なんとクレーンに乗って、刈り込んでいるとか。そりゃそうだ、すごい高さでしたから。その映像がこちら。

夏の旅行ーウエールズ、センチメンタルジャーニー

16/08/2015 § コメントする

オットの故郷でもある、ウエールズ。

イギリスの真ん中の左側、という場所にあり、独自の言葉を使うなど、文化的にもケルト系で、イングランドとは少し異質な場所であります。独自の旗もありまして、緑と白、真ん中に赤いドラゴンが付いています。

イメージも、少し地味で、スコットランドほど、ドラマチックでなくイメージもわきにくく、で、日本の友人たちも、「行きたいと思っているのだけれどねぇ」という方が多く。

で、何が言いたいか?というと、とてもいいところなので、是非、行ってみてください、ということ(笑)

今回、サマーセットのオットのいとこさんのところから、基本的には、どんどんと北上しました。義姉が滞在している、北ウエールズまで、約5時間の予定のドライブ。とても良い景色が期待できるルートです。

IMG_1203

途中、こんなパブで、ランチをして。って、このパブなんと15世紀から経営しているそうです。日本で言えば戦国時代?

IMG_1210 IMG_4657

IMG_1212

こんなところを通って、たどり着いた、コテージがこちら。

IMG_1251

これが、また、羊に囲まれた、周りに家も人もだーれもいない。

携帯電話はもちろん使えず、小さい店も車で10分。

聞こえてくるのは、羊の鳴き声と、遠くから犬の声。そしてすぐそばを流れる小川の音だけ。

私たちが過ごしている日常を考えると、現実とは思えない環境。

こういうところに、生きている人もいるのですよね。

IMG_4677

窓から見える羊を、じっと2時間くらい、この窓から眺めてすごす1日。

そして、オットのふるさとをめぐるセンチメンタルジャーニーに出かけました。

手始めは、お墓まいり。日本のように定期的に参る習慣のないこの国?。随分久しぶりの、お参りとなりました。

IMG_4683

オットさんのご両親、こちらで、静かに、眠っておられます。ご無沙汰しております。

また、訪れたかった、こんなところも行ってきました。

IMG_1291

ウエールズの、ここに住む羊のウールで、地元で作られるウエールズ織りの機織り工場。

IMG_1287

こんな機械で、今もガチャガチャと織っております。で、このミルと呼ばれる工場は、そのミルによって織り上がる模様がそれぞれ違います。デザインは、微妙に染色された糸で織り上げられた、見事な幾何学模様。

ベッドカバーや、テーブルクロスなど、展示即売。

私の母がその昔ここにきて、買った、がま口が、また欲しいと言っていたので、行ったのですが、残念ながら、もう、作る人がいなくなったので、もうないんです、と言われ、がっかり。

でも、まだ、ここに、このミルが存在していたのだけでも、喜ばしいです。母に、あのがま口、と言われ、ネットで、と思い探したのですが、ウェブサイトなど、もちろんありませんでした。ので、まだ営業しているのかどうかも、行ってみないとわからないのでありました。

IMG_4719

この見事な景色は、このお城から眺めたもの。

IMG_4734

13世紀のお城, CRICCIETH CASTLE

IMG_4731

こんなところにも、一人と一匹。

きっと、かけがえのないバディーなのでしょう。

次回は、ウエールズから自宅に帰る間に立ち寄ったガーデンのお話を。

つづく

幸せな寝顔

10/08/2015 § 8件のコメント

IMG_1650 IMG_1658

ブロッサムさん、昨日、また、胃が膨張してしまって、お腹が痛くて体調不良。

痛くて、座れず、眠れず、よだれ、ストレッチ、鼻水、浅い呼吸。

朝から様子がおかしく、午前中に、獣医さんに飛び込み、でも、おさまったのは今朝方、朝2時。

やっと今日の午後になって、顔も穏やかに戻り、回復して、眠れました。

2匹の穏やかな寝顔。

よかった、回復して。

元気が一番だよねぇ。

幸せな寝顔です。

Where Am I?

London徒然草8月, 2015 のアーカイブを表示中です。