Hestercombe Garden ヘスタークームガーデン 夏の旅行 その2

26/07/2015 § 2件のコメント

お泊まり先から目と鼻の先に、有名なガーデンがあるとわかっていたので、是非足を運びたいと思っておりました。

Hestercombe Gardem です。

IMG_4577

ウキウキと入り口をはいっていくと〜
IMG_4579

こんな可愛い、お出迎え。

IMG_4593

まずは広い邸宅裏の庭から散策です。高低差が結構あり、軽い丘登り? 自然の敷地を使った、小さい水の流れ落ちる小川や、お魚いっぱいの可愛い池、変化に富んだ東屋があちこちにあり、こんなフィールドもありました。

この邸宅の庭は、20世紀を代表する、ガーデナー、ガートルード・ジーキルと、建築家のエドウィン・ラッチェンスのコラボレーションの産物で、エドワーディアンの完成度の高さで有名な庭なのでありました。

IMG_4602 IMG_4603

オランジェリー(昔の温室)の横にある、ハーブガーデン

IMG_4607 IMG_1182

黄色がかった色が美しい、オランジェリー

IMG_4613

有名なサンクンガーデン。一番奥に、ヨーロッパ一長い、パーゴラがあり、それにより、このように正面から見ると、周りの自然の風景に溶け込ませることに成功していますね〜。

IMG_4614 IMG_4616 IMG_4618

邸宅の正面から見た写真ですが、サンクンガーデンは、この右側。サンクンガーデンとは読んで字のごとくサンクン、沈んだ、庭で、家に対して、庭が低く沈んでいます。もともと、庭は同じ高さだったそうなのですが、岩盤を爆破して、この低さを作り上げたっていうから、どれだけ手間ひま、お金をかけたんだか。。

IMG_4635 IMG_4638

サンクンガーデンの横の、イタリア風水路。両サイドに、対象に作られておりました。

IMG_4643

ビクトリアテラス(家に隣接するテラス)の上部はこんな感じ
IMG_4645

テラスの上から見下した景色。

32,000平米の広さの敷地は、変化に富んだ、迫力のガーデンでありました。

つづく

広告

§Hestercombe Garden ヘスタークームガーデン 夏の旅行 その2」への2件のフィードバック

  • まいま より:

    すごい・・ため息。。
    感動いたしました。。
    豪華なバラだけじゃないイングリッシュガーデン。。
    なんと心地いいことか♫

    • ばく より:

      典型的な大金持ちの、大掛かりなガーデンとして、興味深かったです。こういう庭が全国各地にあるので、見て回りたいと思うのですが、犬が入れないのですよねえ、、こういうところ。で、ついつい、後回し担ってしまうのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

London徒然草 で「Hestercombe Garden ヘスタークームガーデン 夏の旅行 その2」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。