ただいま、日本

24/11/2014 § 6件のコメント

いつも、飛行機が日本に到着して、ゲートについて、ボーディングブリッジを渡ってターミナルに入り、空気を吸うと、ああ、自分の国に帰ってきた、と実感します。

人の流れに乗って、ホームに向かい、電車に乗って、ぼんやりと窓の外に外に目を向けると、遅い秋の晴れた、田園風景が流れて行きます。

線路脇に太陽の光に金色に輝きながら、電車の風圧に揺れるすすきの穂の群生を見て、ああ、日本はこうだったなあと。

イギリスにすすきは、ほとんどありません。

そして線路の脇の学校の校庭で、野球少年が、走っているのも懐かしく。

イギリスには、野球少年もいませんから。

野球というスポーツを知っている人もほとんどいません。

実家に到着して、5分でいきなり、違和感も消えて、のんびり実家のお風呂に浸かれば、この家を離れてから、今までに流れた30年は、いきなり1年分くらいの感覚に短縮されて。

あっ、お風呂の蓋を、買い換えた、とか思いながら、風呂場の窓から聞こえてくる近所の音が、なんだか、なつかしい。

遅れて到着するオットさんが到着するまで、ほんの少しの間だけ、昔の親子みたいに、言いたいこと言ってわがままに過ごしています。

早速、足を運びたいと思っていた、こんな所へも、母と出かけてきました。


神奈川近代文学館の、須賀敦子の世界展

はじめて、自筆の原稿やお手紙の文字を見せていただきました。小さめで丁寧なインクで書かれた文字は、温かみと几帳面さを感じさせるものでした。

横浜の石川町から、元町を通って、文学館のある、港の見える丘公園まで。

帰り道は、

外人墓地を横目に見ながら


チャイナタウンを抜けて、


赤レンガ倉庫をまわり、桜木町まで。

私にとっては、とても懐かしい思い出をたどるルートとなりました。

そのお話は、また今度。

1年7ヶ月ぶりの日本を、さーて、どうやって堪能しましょうか。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

§ただいま、日本」への6件のフィードバック

  • まきまき より:

    久しぶりの日本、お帰りなさい。
    昨日、今日は雨で寒かったですが、日本はまだ暖かいでしょう。

    お母様との親子水入らず。
    やっぱりいくつになっても親から見れば娘は娘。
    娘からしても親は親。
    つかの間、懐かしく温かい時間をお過ごしくださいね。

    崎陽軒のシュウマイ、横浜といえばこれですね♩

    私も今、一時的に家族で川崎に帰省(?)してます。
    主人の大病の手術・入院のためですが、
    こちらの暖かさにびっくりしています。

    • ばく より:

      大変遅いお返事でもうしわけありません。まきまきさん、ご主人様、大丈夫でしょうか?お若いのに、大病とは、、、お子さんも、まだお小さいし、心配です。1日も早く、よくなりますように。こころより祈っております。

      おかげさまで、母や父とのんびりしてきました。甘える事の出来る人がどんどん少なくなって、甘えられることの方が多くなりました。わがまま言っても許されると、ちょっと無理を言ったりすることが、なんだかとても心地よかったです。

      横浜は、懐かしく、歩きながらいろいろ思い出して、そして、外人墓地を見て、私もロンドンの日本人墓地にはいるのだろうか?なんて、あそこに埋葬されている人たちの人生に改めて思いをはせたのでした。

      ロンドンに戻って、なんだか変な感じです。

  • ごん太ママ より:

    ご無沙汰してます。
    おかえりなさい。
    イギリスに比べると 暖かな日本なのでは? 久しぶりの日本の空気は いかがですか?
    お母様との お出かけ 羨ましいです。
    母が認知症を患い 早 三年になります。
    圧迫骨折を機に 施設に入所しました。
    紆余曲折 同居して 介護をと いろいろ
    悩み 考えての 行き着いたところです。
    人それぞれ 色々な介護があり 選んだ道が 正解なのか わかりません。が 出来るかぎり 両親に寄り添いたいと 思ってます。
    クラちゃん 逝ってしまったのですね。
    淋しいです。
    ごん太くん すっかり おじいちゃんになりました。今は 散歩はままならず
    オシメしてます。
    食欲はあり 毛艶もよく 一日中 よく寝てます。まだ ボケてませんが 耳も遠くなり 瞳は 白くなりました。
    私が 出かけると 帰るまで 玄関で寝て待ち、 愛しいかぎりです。

    • ばく より:

      ゴン太ママ様、関東の冬は、晴れ上がり乾燥して青い空が広がり、気持ち良いものでした。日当たりの良い部屋にいると温室のようにぬくぬくで、懐かしい感覚でした。今回も、両親は確実に、老いており、これから若くなることはないのだと、少し身構える気持ちがありました。お母様、骨折なさったのですね。いろいろ思われるところはあると思いますが、悩んで選んだ選択なのですから、最善の策だと、私は思います。ピップくんも目は白く濁り、耳は遠くなりました。私が帰宅しても気づかない事もあります。でも、どんなでも、長生きしてほしいです。まだ散歩もついてくるので、毎日大切にしていきたいです。

  • 虫主婦 より:

    ばくさん、近くにいらっしゃっているのですね
    どこかでニアミスしないかしら(^^
    「自分の国」っていう感覚、ワタシは感じたことがないです。
    「ただいま、はーやっと帰ってきた」という気持ちにはなりますが。
    外国で長く「生活」したことがないからでしょうね。

    ところで、横レスになりますが
    まきまきさま、ご主人が入院?!
    川崎に帰省とはいえ、ご心配ですね。早く良くなりますよう

    • ばく より:

      虫主婦様、近くにおりました。とても懐かしかったです。横浜はいいですねえ。港南台などにも、出没していたんですよ。。
      自分の国、、私の属するところ、という気持ちなのでしょうか?なんとも説明が難しいかもしれません。

      まきまきさんのご主人様、驚くとともに、早く良くなるよう祈るしかできないのが歯がゆいです。こころよりお見舞い申し上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

London徒然草 で「ただいま、日本」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。