お餅と祖母

30/12/2013 § 2件のコメント

年末ですね。

我が家、年末はお友達のと過ごすのが恒例となっていますが、晦日の今日、大鍋いっぱいにおでんを仕込みました。

本来であれば、おせちをつくるのでしょうが、日本から遠く離れ、子供たちも夫も、おせち料理には興味もなく。

せめて、元旦のお雑煮だけでも、と、毎年努力するのですが、お正月とクリスマスが逆転のこの国では、クリスマスは家族と、お正月は友人と過ごすため、元旦の朝、年越しパーティーからお泊まりコースの子供達が、元旦の朝は家にいないという展開が続いています。

ことしも No3は、大晦日から、お泊まりとか。

お雑煮も夫婦二人で食べることになりそうです。
おもちも、パックに入った四角のお餅をいただくことになるのでしょう。

あの、つきたてのお餅の美味しさを知る私が、子供達に、あの美味しさを教え、伝えるのは無理なんだろうと思うと、さみしいなあ。

母の実家は、米屋でした。

大好きだった、母方の祖母は、毎年、年末になると、お得意様から頼まれた、お正月用のお餅のために、大量にもち米を研いでいました。
学校が休みになると、そのまま、大好きな田舎の家に転がり込み、猫の手も借りたい母の実家を手伝った?私の遠い思い出。

うろ覚えですが、確かもち米は、6俵くらいだった記憶があり、とすると、360キロくらいでしょうか?
節くれだった、手を真っ赤にして、頭に広告の入った手拭いを姉さんかぶりにして、もち米を黙々と、冷水で研いで、いくつもの、青いビニールバケツに上げ、水を張っていました。

餅つきの日は、親戚総出です。

ガスコンロの上に、鉄の大釜を置き、お湯をどんどん沸かしながら 、木で出来た丸いせいろに麻の荒い網目の布をひいて、もち米をいれ、上に乗せて、ふかしていきます。
セイロは確か3段か4段重ねて、下から順に餅つき機に、入れていくのでした。

このセイロの作業が私の仕事でした。
下から2段目を両手でしっかり持ち上げて、、一番したの蒸し上がったせいろを、大人が外す間、じっと持っているのが私の、役目だったのです。

つきあがったお餅は、粉を引いたおおきな延し板にあげられ、ちん餅にする時は、寄ってたかって、手でちぎっていきます。そしてそれを、形よく丸め、やはり粉を引いた木の箱に並べて冷まします。

のし餅にする時は、筒状になった、ビニール袋の中に、つきあがったお餅をいれて、延し棒で伸ばしていくのでした。この、伸ばしの作業は、おばあちゃんの仕事。見事な手つきでした。

冷めて硬くなるまで、この、のし餅は、かさねたり曲げたり、できないために、家中に、ござが引かれ、所狭しと整然と並べられて、冷えるのを待ちます。

そしてお楽しみは、つきたてのお餅を、皆で食べる時。

ふわふわで、真っ白の、柔らかいお餅を、アチチと言いながら、素早く手でちぎり、おかかにお醤油を垂らしたものに投げ込んだり、きな粉の砂糖をたっぷり混ぜたものに投げ込んで、いただいたり。
でも、おばあちゃんのお気に入りは大根おろしにお醤油をたらした、からみ餅でした。

おばあちゃんは90歳を越して、亡くなる前年まで、黙々と餅米を研ぎ続けました。

裕福な家に生まれ、結婚して、満州にわたり、大変な苦労をして、幼子を4人連れて引き揚げ、戦後のつらい時代に長男を心臓病でなくし、夫にも、若くして先立たれた、祖母。

私には、文字通り無償の愛を注いでくれました。

家じゅうに広げられた、のし餅、その隙間を歩く時、誤って踏んでしまった時の、あの、温かく、なんともいえない、天国の上を歩いている気分を味わったような気持ち良さと、足跡ついたら、売り物にならないかも、と、子供心に慌てる気持ち。
その時の、自分の気持ちや、祖母の、姉さんかぶりの後ろ姿。

お正月にお餅を食べるたびに、心の中に、鮮やかに蘇ります。
あの頃、餅つきをした、親戚の叔母さんたちも祖母も、今は亡く。

よく考えたら、私の母は、私の年齢ではすでにおばあちゃんに、なっていたんだっけ。
私の母だけでなく、父も、わたしの子供達に、今でも無償の愛を注いでくれているなぁ。

私も、いつか、おばあちゃんになるのかなあ?

皆様、美味しいお餅で、よいお正月をお迎えください♪

Posted from するぷろ for iOS.

年越しのお客様

29/12/2013 § コメントする

サリーちゃんと入れ違いに、小さいお客様。


キャバリエキングチャールズスパニエルの、コビイちゃん。

15週の赤ちゃんです。

長い話を短くすると、まあ、4日間だけ、旅行に行くのに、預かってくれるところが見つからず。
我が家にやって来たということで。

ウルトラ可愛いのですが、トイレがなあ〜( ̄O ̄;)

新年まで滞在予定なので、賑やかでテンヤワンヤの元旦になりそうです。

Posted from するぷろ for iOS.

Boxing Day

27/12/2013 § 2件のコメント

12月26日は、ボクシングデイ。
と言っても、戦うわけじゃありませーん。

キリスト教では、クリスマスに集められた寄付を、箱に入れてプレゼントしたからとか、
裕福な階級の人は、クリスマスが終わって、使用人に休暇を出す時、プレゼントをあげたので、そう呼ぶとか、諸説ありますが、まあ、クリスマス翌日のダラダラdayですね。

義兄夫婦をお呼びして、今日はカレーーー

ゲストが来られると、部屋の隅でブルブルしてしまうピップさんは、残念ながら、今回もブルブルでしたが、ぶぅさんは、ちゃっかりテーブルの下。

またまた、またまた、食べ過ぎで、ぐるじー
あっ、こちらもオットシェフさんの作品です。

そして、翌日、今日と明日、お友達のサリーちゃんがお泊まりに来ています。

ピップ君も一緒だったのに、写ってないなあ〜
ワンコ達も、嬉しいクリスマスになりました。

Posted from するぷろ for iOS.

わんこわんこ

26/12/2013 § 2件のコメント

今年は、ビーーーフ!

普通はクリスマスは、鳥系が定番です。
七面鳥とか、ガチョウとか。

家族が10人とか集まる場合は七面鳥くらいの大きさがないと、人数分一度に賄えないため、そのための知恵なのでしょう。

でも今年は、ロンドンに住む義兄夫妻は、義姉がクリスマスの日に、恵まれない家族のために、クリスマスディナーを用意する、団体のボランティアで、2000人分の食事を作る準備を手伝うために、一緒に過ごせませんで。

我が家4人だけの食事となりました。

ローストビーフ、にカリフラワー、玉ねぎのロースト、アスパラガス、ローストポテト。
そして、お皿の上部にあるのは、ヨークシャープディングという、うーむ、シュークリームの甘くない外側だけのような、ビーフがメインの時の伝統の付け合わせです。

そして、デザートは通常、真っ黒で、半ドーム形をした、クリスマスプディングが定番なのですが、ものすごく甘くて、リッチで、重いので、我が家のメンバー、あまり好みでなく。。

トライフルと言う、こちらもイギリスを代表する、スイートになりました。

ベリーのソースの上に、スポンジケーキをフィンガー上に切って乗せ、その上に、カスタードクリーム、生クリームを載せる、こちらもカロリー考えない方がいい、スイートです。

このスイートは、口に運ぶと、総合した味が、日本のショートケーキに似ているので、すきなんだなあ。

相変わらず、食べ続け、飲み続け、ぐるじーーー

で、これらの食事、今年も、オットさんが、ぜーんぶ作ってくれました。
ありがとーーー

あ、、私、後片付けしました。へへ。

そして、今年のオットさんからのプレゼント。

ゴールデンのカレンダー、表紙が、ぶぅさん。にそっっくり。

Off The Leash という、犬をテーマにした、コミック本。これ、犬を飼っている人ならわかる面白マンガ。笑えるんですよ。
ご興味のある方は、Facebookで、off the leash と検索すると、漫画が出てきます。

壁掛け時計。ゴールデンの形をしており、尻尾をゆらゆら降るんです。
実はこれ、ずっと前から欲しいな、と思って目をつけていたもので、ジャックのシェイプもあるんです。どっちにしようか、なんて悩んでおりましたが、まさかオットさんが、知っていて、プレゼントしてくれるとはおもいませんで。
http://www.thelabradorcompany.co.uk/clocks.html

右下は、なんと我が家の2匹を写真から油絵にしてもらったもの。
オーダーしてくれたそうです。

ということで、彼からのプレゼント、ほとんど、わんこ一色。

ありがとーね

Posted from するぷろ for iOS.

Season’s Greetings

24/12/2013 § 2件のコメント

みなさま、楽しいクリスマスを、お過ごしですかーーー!

我が家も、散歩よーし、買い出しよーし、クリスマスクラッカーよーし、プレンゼントのラッピングよーし。

で、車、壊れたーーー( ̄Д ̄)ノ

Posted from するぷろ for iOS.

クリスマス休暇の始まり

21/12/2013 § 4件のコメント

さて、イギリス地方、クリスマス休暇が始まりました。
子供達も、オットも、来年までお休みです。

主婦としては、ビミョーですね。
結局、私たちにとっては休みではありませんので。

クリスマスプレゼントの買い出しもラッピングも、あと一息、いえ、実は、まだまだ終わらず、
大量の食べ物の買い出しも、これから。

アジリティーに出かけたのに、誘われて、同じ場所で行われていた、ガンドッグ(猟に使う犬の総称)としてのトレーニングに参加してみた、私と、ぶぅさん。

獲物の代わりにダミーを使い、林の中に投げ入れて、指示通りに、順番にとって来る、と言った訓練
をしてみたら、とっても優秀で、全部こなせて、トレーナーさんに是非、これからも続けるように言ってもらいました。

訓練の後、公園で散歩して、家へ戻ってシャワーしたら、その日は、頭を使い、疲れたのでしょう。正体なく寝ております。
いいことだ。


そして、お友達のサリーちゃんとのんびり散歩にでかけたり。

私、クリスマスから年末にかけて、しないといけないことから、犬を口実に、現実逃避しているきらいがあるのであります。

だって、、人が多い所へ、ショッピングとか、行きたくないんだもの。。

うーむ、まずいなあ。

Posted from するぷろ for iOS.

郷に入れば

18/12/2013 § 2件のコメント

雨でも、風が吹いても、雪でも、散歩の、日常。
裏庭のゲートを開けると、いきなりフィールドと小川、という恵まれた環境ですが、
とにかく、冬は、毎日、ドロドロのぐちゃぐちゃ。

泥はねが、腰のあたりまで、上がるので、ズボンも、履き替えて、コートも選ばないと、いけません。

散歩用に、ありとあらゆるコートを試して、散財してきた私です。

ゴアテックスの、ノースフェースとか、ダウンジャケットの、長いの短いの、
いろいろ試してみましたが、最近は、これ。

Barbour
http://www.barbour.com/All-Collections/Womens/Waxed-Jackets/c/womens-waxedjackets?breadcrumbs=womens&breadcrumbs=womens-barbour

バーバーと発音するのかな? カタカナだと、嫌味な名前ねえ。

コットンの上に、オイルを塗ったもので防水し、仕立てた、むかーしからある、イギリスの伝統的なジャケットです。
いろも、オリーブ色や、紺色と言っと、ジミーーな、色しかないし、形も、実用一点張り。

でも、裏に、キルティングのベストをファスナーで、取り付けられたり、セーターなど着ていても、腕周りがきつくなったりせず、大きなポケットが二つに、小さなポケットもたくさん。

着丈も、長すぎず、お尻は隠れるので、暖かく。
すこぶる、快適なのであります。総合点が高い、というのでしょうか。

この国に来たばかりの時はこんな、地味で田舎臭い洋服、としか思っていなかったのに、結局、気候風土にあっていて、長く愛されてきたのには、理由があるのだなあ、、と、きてみて、しみじみ、納得。

郷に入れば、ということなのでしょう。

エリザベス女王も、このジャケットに、シルクのスカーフといういうスタイルで、よく、犬の散歩にいかれています。

そうそう、このジャケット、洗濯できません。クリーニングもできないの。
擦り切れるまで、そのまま着るそうです。

たまにオイルは上塗りした方がいいそうですけど。
そんなところも、この国らしいです。

そして、最近の、もう一つのお買い物。

新しい長靴。
またまた、以前のペアが、一年で、だめになったので、今度は,裂けないし、あたたかいという長靴、買ってみました。

Muck
http://www.easy-wellies.co.uk/muckboots-arctic-adventure-black-p-1312.html?zenid=s6298dnbm9c7tah4gtuoarfgj3

マイナス20度でも大丈夫ということで、暖かい!
そして、ふくらはぎ周りが、ウエットスーツのような素材でできているので柔らかく、
底が分厚くクッションが、厚く、長く歩いても疲れません。

高いけど、それだけの事はあるみたい。
そして,特筆すべきは、素材がウエットスーツのものなので、履いたまま、車の運転が出来るのです!
普通の長靴は足首がうまく動かないので,車に乗る時履き替えないと行けなくて,面倒だったのが,解消。画期的です。

素敵な、ドレスとか、ハイヒールとか見つけた!と、色気のある、レポートしてみたいものですが、わたしの生活ときたら、どうも、こっちの方面に、どっぷりと進んでいるみたいです。

ま、いいか。これはこれで。。。。

Posted from するぷろ for iOS.

Where Am I?

London徒然草12月, 2013 のアーカイブを表示中です。