走ってきた!

31/10/2013 § 6件のコメント

嵐が去って、時計が一時間遅れ、冬時間が始まり、
街では、棚に、クリスマスの商品が並び始めました。

日没は4:30ごろ。
あっという間に暗くなってしまいます。

朝から、洗濯してー、片付けしてー、掃除してー

掃除をし始めると、お二人さんは、何時もの避難場所へ。

じっと我慢の二人。掃除機、キライだけど、しょうがないねえ、なんて、話しているのかなあ?

さーて、お掃除、終わったから、行きますよ〜


広い草原で、じゃれあい始めたふたり、

ピップ!ブロッサム! って、呼んで見たら、こっちをむいてくれたので、「おいでー」って、呼んでみた。

君たちが居てくれて、私はシアワセものだよ!

Posted from するぷろ for iOS.

嵐のあと

29/10/2013 § 6件のコメント

自然災害が、ほとんどないイギリスに、
珍しく、嵐がやって来ました。

数日前から、天気予報は、来るよ、来るよ、と報道しておりまして、
土曜日から、激しい雨が降ったり止んだり、
少しづつ風も強さを増して…

日曜の夜には、吹きすさぶ風と、横殴りの雨。

ピップ君は、早々に自分のお家に逃げ込み、
私は、風の音に一晩中、熟睡出来ず、うとうと。

翌朝、公共交通機関は、軒並み止まり、
まだ風は吹き続けておりましたが、
午後にはだいぶ落ち着きました。

朝、会社に向かったオットから、メールが届きました。

「ポピちゃんの木が折れてる!」

びっくりして、2匹を連れて見に行くと、すでに、倒れた部分の処理が終わっており、右に二本ならんだ、左の木の上の方がなくなり、道路に駐車してあった黒い車が潰れておりました.

ここは、先代犬、ポピーが事故にあった場所で、この、折れた木のたもとには、
月命日に、しばらくの間、お花を置いていたのでした。

もうすぐ2年になるので、もう、いいよ、とぽぴちゃんが、言ってくれたのかなぁ?

あちこちに傷跡を残し、嵐は去って行きました。

Posted from するぷろ for iOS.

真珠のピアス

28/10/2013 § 2件のコメント

今から40年近くも前、初めてユーミンを聞いてから、高校生の時も、大学生の時も、働くようになっても、結婚して出産してからも、イギリスに引っ越してからも、聴き続けてきた彼女の曲。

曲の素晴らしさはもちろんのこと、彼女の綴る詞の深さには、いつ聞いても、唸るばかり。

15歳の時、我が家は引越しをしました。
ほぼ同時に、お隣にも、新しい家族が越してきました。

偶然、私と同じ歳の女の子がおり、仲良しに。
彼女は越して来る前から通っていた、遠いところにある、学校に通い続けていたため、朝早くでかけ、夕方遅く帰るし、音楽大学のピアノ課を目指しており、そのお稽古の時間もあって、こんなに近いのに、なかなか、気軽に会ったりおしゃべりしたりするチャンスがありませんでした。

当時、携帯電話など存在するわけもなく、そのため、画策して、2階の窓が向かい合っているのを良いことに、窓に糸電話を渡して、夜中に鈴の音で呼び出し、よく、おしゃべりをしたものでした。

彼女が、学校の文化祭に招待してくれた時の事です。

学校は私と同じ私立の女子校でしたが、彼女の学校はキリスト教の学校で、ミサがあるのよ、と言って、立派なパイプオルガンまでついた、礼拝堂に案内してくれ、制服がないのに、学友のみなさんはお上品な洋服と身のこなし。自分の通う学校との、あまりの違いと、レベルの違いというのを否応なしに思い知らされる訪問となりました

帰り道、揺れる柳を電車から指差し、彼女が言うには、ユーミンはこの学校での卒業生で、卒業写真の詞に出てくる柳はここだと言われているのよ。

なんだか、その言葉は私の劣等感にとどめを刺したのでした。

私は、自分の学校の学園祭にも、彼女を招待する約束をしていましたが、結局、なんだかんだと理由をつけて、結局自分の学校を見せることはしませんでした。

それは、志望校に入れず、不本意に思いながら通っていた自分の学校生活や、ピアノにも早々に挫折していた自分自身を包んだ、劣等感がそうしたのでしょう。

自分の中にある、人を羨ましく思うドロドロとした気持ちや、劣等感というものを、あの時、リアルに思い知らされたなあ。
その後も、彼女とは、いまでも、仲良しですよ。
帰国するたび、相変わらず夜中のおしゃべりです。
ユーミンにまつわる,私のちょっと複雑な思い出というのでしょうね。

そして、つい最近の話。

夕飯の支度をしながら、iPodでランダムに音楽をかけていたところ、
ユーミンの「真珠のピアス」が流れてきました。

私が、車で学校の送り迎えのときに、かけることもあったので、No3こと、末娘が
「この曲知ってるー」

でも、日本語が母国語で無いため、歌詞が聞き取れないと、内容を聞いてきました。

で、説明してあげたところ、そういう詞なんだ、、すごいねえ。
CDを貸してほしいなあ、私のiPodに入れよう。

17歳でも、この詞がわかるの!ねぇ。

ちょっと、うれしいような、でも、すっかり、大人になっちゃったのねえ、と、
複雑な思いの、母だったのでありました。

Posted from するぷろ for iOS.

海を見に

24/10/2013 § 4件のコメント

珍しく予定のなかった今日、No3も、学期半ばの休み中。
朝、天気予報は、週末まではいいけれど、来週からは、ダメだよーと言っているのを聞き、思い立って、突然!海を見に行こうー!

約一時間強の、ドライブで、到着。

ほんのり香る海風と、太陽の光は、海にきらめき、気持ちいい!、


はしれ〜!

オトモダチとふざけたり

この一秒後、

ぶぅさん、海は、温泉じゃありませんよ。

ピップ君は移動中の癲癇の発作が心配なのでお留守番でした。
もっと近いといいんだけどねえ。

次はいつ来られるかなあ?

Posted from するぷろ for iOS.

オイシーーーイ

21/10/2013 § 2件のコメント

先日、ハムステッドで拾ってきた栗、
ほんの少しだったので、どうしようと思っていたところ、いつもの公園の坂道で、大量の栗が落ちているのを発見!

必死に足で、剥いて、犬のビニールに入れて、いそいそ帰宅。

煮ております!

半分に切って,スプーンでほじくって!
ほくほくで、ほんのり甘く、しあわせー!

ピップ君も、食べたい??
それにしても、その顔!

Posted from するぷろ for iOS.

見てしまう〜

20/10/2013 § 4件のコメント

最近、ファッションブランドなどで、よく、見かけます。

わんこがモデルさんと、商品と一緒に出演。

この場合は、ワンコも見ますが、バッグもいいなあ!
おもわず、じろじろ。
ぶぅちゃん、モデルで出演して、出演料現品支給なんて、どう?

こちらは、銀行の広告。

こんなの見たら、銀行変えようか?なんて思っちゃうのは私だけではありますまい。

これ意外にも、保険や、携帯電話など、見ちゃうなあ
アブナイアブナイ。

今日も雨予報だったので、降る前に行ってきました、何時もの公園。

葉っぱも落ち始め、森も様変わり

ぶうさんは、いつもは入らないところで、必死に水に入っていって、不思議に思っていたら、どうやら、釣り人か、散歩の人がパンをまいたらしく、必死に食べておりました。
君は、鯉か?

このあと、ウサギ穴に突進し、

さあ、帰って、シャンプーだよ。

このあと、雷ゴロゴロで、大雨ザーザー。
天気予報は、当たったのでした。

Posted from するぷろ for iOS.

雨予報

16/10/2013 § 4件のコメント

朝起きたら,深い霧。7時はまだ薄暗く。
静かな朝の幕開きです。

今日は10時過ぎから一日雨予報なので、霧の中、とるものもとりあえず、散歩に出ました。

気温8度。
そろそろ、手袋が必要だなぁ(≧∇≦)

ついに、冬支度を実感せざるを得ないところまで、やってきました。

あと一週間半で、時計も一時間遅くなります。

長い冬がやってくるなぁ。

Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

Where Am I?

London徒然草10月, 2013 のアーカイブを表示中です。