Toledo へ

21/09/2013 § コメントする

マドリッドへいく事が決まって,現地に住む古い友人に連絡をしたところ,
マドリッドの案内や、トレドへの日帰り旅行も,車で連れて行ってくれるという嬉しい展開。

朝,ホテルまで車で迎えに来てくれて、一路トレドへ。

車で約一時間。世界遺産にもなっているこの地まで、来れると思っていなかったので,うきうきです。

見えてきました〜。
街が一望できるポイント。川に囲まれ,小さい山に、家や教会が,ひしめくように立ち並ぶ、要塞。

マドリッドが首都になるまで、ずっと,ココがスペインの中心だったのだなあ。
徒歩で30分も歩けば,突っ切る事の出来る街。

ここでも、ひときわ見事なのは,大聖堂。

美術館なども見た後、

友人のお勧めの、レストランで,スペインのメインミールである、ランチに向かいます。

こちらのお店、「スペイン人には量が少なすぎるかもしれないけど、味は繊細で、一流」
と紹介されておりました。

食事の途中、シェフがご挨拶に来て下さり、ちょっとびっくり。

そして,ゆっくりデザートまで、頂き、コーヒーを楽しんでいると、また現れたシェフ。
「このレストランのテラスは、大聖堂の目の前で、島のへそにあたるから,あがって景色を楽しみませんか?」

ヨロコビ勇んで、階段を上がると,いわれるだけあって,見事な景観。

そして、いきなり,シェフはサービス係に、CAVA まで持ってこさせ,
「この出会いに乾杯!」
と言う事で、ごちそうになってしまいました。

スペイン語の達者な友人と、話は盛り上がり、日本にも、招かれて行った、ホテルでシェフとして働いたり、教師として関わった事がある事。
スペイン料理を教えたり、レストランを開いたりして,日本料理にも深く接し、自分の料理が間違っていないと言う事を実感できた事などお話くださり、

「私はバターは使わない」

確かにお料理は繊細で、油も最小、味付けは,質の良い塩のみ、という、料理を堪能したばかりだったので,なんだかとっても嬉しい私。

そして,いきなり、私のワインセラーをみる? 

店にも,数千本のワインがあるそうですが,それとは別にワインセラーがあるそうで、そんな珍しい物を見せていただくチャンスはめったにないので,図々しく見せていただく事にしました。

店の裏口を出て,3分ほど歩いた所にある,木戸を、古めかしい鍵であけると、そこは!

3万5千本の,ありとあらゆるワイン、シャンパン、シェリーなどが、天井までの棚に整然と。

洞窟の様に掘り進められたと思われるこのワインセラー,相当な広さで、多分200平方メートル以上あったでしょうか?
ワインセラーのそのさらに下には、ローマ時代の下水があり,おそるおそる覗き見したり、また,違う一角には9世紀のキッチンの後だそうで、丸いくりぬかれたようなドームに,排気口でしょう,穴が開いておりまして、あまりに古い歴史を目の当たりにして、口をあんぐり。

ワインに全く見識がない3人を,(友人も私も,悲しいほど下戸,オットはビール信奉者)案内して、説明してくれたのでありました。


ピンぼけですが,1928年のワイン。
一番高価なワインは多分、一本6000ユーロかなぁ?と,私の下,下衆な質問にも,答えてくれました。
でも,ワインの価値は単に値段じゃないよ〜と。

貴重な体験したなあぁ。。と、丁寧に、御礼を告げ,店をでると、すでに5時半になっていたのでした。

レストランは

http://www.adolforestaurante.com/

この、繊細でシンプルな格別の料理を作る職人肌の、底抜けに明るい人の良い人の良いシェフは、オーナーのアドルフさんです!

つづく

Madrid

20/09/2013 § 8件のコメント

いきなりオットさんが、マドリッドに行こうよ、と言って始まったこの旅。

いつもは、私が、旅行担当で、行き先や、ホテル、飛行機などを決めるのですが、今回はお任せの旅。

ホテルは、古い重厚な、Westin Palace Hotel.
ダイニングルームのステンドグラスのドームが、大変、美しいホテルでした。ここで、のんびり朝食をとれるのは、一日の始まりとしては贅沢ですね!
ここでの朝食に、miso soup 味噌汁のチョイスもありました。びっくり。

さて今回の目的の1つ。

ピカソの、ゲルニカを見たい!

早速、ソフィア王妃芸術センターに向かいます。

もと病院だった、20世紀の近代美術中心に集めた美術館。新しい増築部分も大変美しく建物自体も楽しめます。


実は、写真撮影禁止だった、ゲルニカ。
こっそり撮影…..

巨大な、この有名な絵の前に立ち尽くす。

今シリアで起こっていることなどを思い起こし、同じことを繰り返す悲しさを痛感。
心を、掴まれます。


こんな彫刻もありました。

ゆっくり美術館を見た後はマイヨール広場に向かいます。

どこかに似ている気がしましたが、ベネチアのサンマルコ広場に似ているなぁ。
そしてのんびり町歩き。

王宮を外から眺め

大カテドラルを回り


昼も夜もがっつり食べて!

つづく

Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

遅れてきた夏休み

14/09/2013 § 6件のコメント

夏の間、肩が痛くて動けなかったオットさん、やっと治りました。

僕も夏休みが欲しい〜!

息子も戻って来たので、彼の学校が始まる前に、ワンコ達をお願いして、短い夏休みです。

スペインのマドリッドに来ております!

Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

帰ってきた

13/09/2013 § 8件のコメント

息子、無事、帰国。
ボロボロで、ドロドロですが、戻りました。

ヨカッた

ねっ!

Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

朝4時の電話

12/09/2013 § 4件のコメント

朝の4時,家の電話が鳴りました。
いやあああああな,予感。

家電は、オットの枕元にあるので,あわてて受話器を握るオットの動きに,暗闇の中で目をこらしました。

「Oh no…. I don’t know what to do,,,」

ああ,困った何だろう,と心臓バクバクの私。
少なくとも,英語でしゃべっているので,私の実家ではないなあ。。と呆然としていると、あっという間に会話終了。
どうやら,切れてしまった模様。

ケニアで一ヶ月ボランティアをしていた息子からで、ナイロビ空港に向かう,バイクタクシーにのっている途中で,貴重品の入ったバッグを落としてしまったらしく,どこを探しても、見当たらないとのこと…..

パスポートも、現金もない。

私たち夫婦、ベッドで呆然。

彼の飛行機は朝8時40分,ナイロビを出発予定で、2時間の時差だから朝6時。
とにかくナイロビ市内で,探してイギリス大使館に行きなさい,とそこまではオットが伝えた事に、すがるしか出来ない私たち。

何しろ電気も水道もない,マサイ族の村にいて、携帯電話もチャージャーすら持って行っていなく、多分,田舎の道のど真ん中で途方に暮れていると思われ,でも私たちはどうする事も出来ない状況。

いろいろ頭の中でぐるぐると思いが廻り、あまりのショックに、吐き気まで催して来る始末。

20分くらいして,また鳴った電話。

落とした荷物を探すべく、村に戻る途中に落ちていたバッグを見つけ、パスポートも現金も入っていたとの知らせ。
とにかく、空港に向かう,と言う事で切れた電話で,少しだけホッとしたのでありました。

ベッドに横になっているのに、倒れそう,などとオットと話しながら,もう一度眠ろうと思う物の,眠れる訳もなく…

やっと、うとうとした6時頃、また電話が鳴りました。

「チェックイン締め切りまでに,空港にたどり着けなくて飛行機に乗れなかった、飛行機のチケットをなんとかしないと帰れないが、手持ちのお金は予想外の出来事でタクシー運賃を、倍額払い、歩いている人におねがいして,電話をかけさせてもらう為に、お金を払ったが,足下を見られ,高額を要求されて,払うしかなく,ほとんどお金がない」

空港出発ロビーの公衆電話から、かけ直して、と叫んで切れた,着信履歴にかけなおす事2回、やっと何とか事態が見えてきました。

クレジットカードも持っていないので,彼はどうする事も出来ないので、慌てて階下に駆け下り、電話を握り、朝6時に開いているか?と半信半疑で航空会社に電話をかけると,通じて,何とか事情をはなして、航空券を新しく発行してもらい,夜10時のフライトに乗れる様手配しました。

すでに朝7時、起きて来た娘に顛末を話し,学校に送り出し…

今日の夕方5時10分に,空港まで息子を迎えに行く筈が、明日の朝7時40分,到着になりました。

どんな顔をして帰ってくるでしょうか?

朝8時から夜10時まで、お金もほとんどないので,ナイロビ空港から出る事も出来ないだろうし、食べるものも買えない事でしょう。
長い時間,空港で,待つ間、少しは、思う事はあるのでしょうか?

帰って来たら,ゆっくり話を聞きたいと思います。

まあ、無事戻ってくれたまえ….
母は,眠いよ。

オコジョ?

06/09/2013 § 2件のコメント

つつがなく毎日暮らしております。
日本に行っていた娘も無事帰宅。


久しぶりの再会でモフモフ中。

ぶつぶつ文句を言いながら持って帰ってくれたお土産。

日本の梨はこちらでは手に入らないため、うちの母に強制され、やっと3個だけ、もって帰ってくれました。


ピップ君にも見せてあげよう!

そして9月になって娘の新学期も始まりました。ついに、日本で言う高校3年生です。

毎日、毎日、散歩に行く日常ですが、

先日、いつものフィールドで前を走って行く、こんな小さい動物が

たまたま写真を撮ることができまして、何だろうといろいろ調べると、

多分、オコジョですね (O_O)
ピップくんサイズだと、襲われたら大変です

やっぱり、我が家の辺りは田舎なんだなぁ

Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

Where Am I?

London徒然草9月, 2013 のアーカイブを表示中です。