侮るべからず

18/06/2013 § 6件のコメント

今年は、自分で、ハーブも育ててみようと、張り切って〜!

いろいろ、植えてみたところ、
ローズマリーはドンドン育ち大木に、ミントやタイムも雑草のように増えまくり。

チャイブもワケギほどの太さになり、花も満開(*^^*)
まあ、可愛い葱坊主のような花を楽しんで、一石二鳥?!

そして、ハーブのなかでも、便利なのは、チリ。こちらもドンドンと新しい実がなります。緑の頃から、真っ赤になるまで、辛さを選べるのもいいですね。
減塩の助けになるので、様々なレシピで、使っています。

シーズン当初、少し侮ってチリを素手で触った私。

「ま、ダイジョブカナ?」

その手で、何気なく口のまわりを触った瞬間、吹っ飛んだーー(≧∇≦)

いやあ、すごいものですねえ。
その日は、手袋をしてコンタクトレンズをはずしました。
以来、チリを料理をするときは、このゴム手袋を忘れずに!キッチンに常備です。

まるで外科医の様です ^_^

自然界には、とんでもないものが存在するものですねぇ。

Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

広告

§侮るべからず」への6件のフィードバック

  • ウィリーMom より:

    そちらの赤唐辛子?でも、もっと強烈そう~~。
    あるとたすかりますよね?暑い時期は特にね。
    家も昨年 赤唐辛子がなったので束ねてつるしていたら、何時まででも使えるんですね?色が可愛いし、あの強烈な辛さがミスマッチですね!
    赤は覚悟してるからOKだけど、我が家ではもっとクセ物がなります。
    ししとう!コイツは青いくせにロシアンルーレットのように辛いのがタマにいます。よく家族にクレームをつけられるのですが、私のせいじゃない。
    バクさんちはそんな事ありまsか?

    • ばく より:

      赤唐辛子、見た目もかわいいし、日々の料理にも大変便利で、重宝です!
      獅子唐、そういえば、日本にはありますね。こちらで、見たことがありません。食べる習慣がないのでしょうね。焼いて食べると、ですよねー。確かに、たまに辛い個体に当たります。子供の頃はよく泣きそうになったものでした。あれも、大人になってから好きになる物の1つですね。

  • 団子三兄弟の母 より:

    そんなに強烈なんですか。ナーサリーなどで鉢植えでよく売ってますよね。私は三年前くらい前から、赤と青しそをプランターで育てていますよ。。日系のスパーで買うとけっこうな値段なんです。手間もかけなくともどんどん葉は増えるし、翌年も収穫出来てます。バクちゃん家はしそはだめかしら?お料理にいろいろ使えますよ。

    • ばく より:

      何年か前に帰国した友人から、鉢植えをもらい育てていました。でもどこへ行けば手に入るのでしょう?
      しそ。懐かしいです。ぜひ探してみます!!

  • ままま より:

    やっぱりハーブもイギリスの土地に合っているのね。
    丈夫とはいえ、なかなかこんなに勢いよく増えませんもの。
    ワサワサと葉っぱを揺すったらいい香りが漂いそう。
    ハーブがたくさん植えてあるお庭って幸せな気分がするわ。
    それにとってもラブリーだしね。
    チャイブの花、なんて可愛いの~♪

    • ばく より:

      やはりこちらのハーブはよく育ちます。でも数年前にもらったシソはなかなか神経質で気を使いました。やはり植物も人も、自分の国がいいのかもしれませんね(苦笑)
      チャイブの花もかわいいのですが、タイムの花も、とても小さく、可愛らしくて大好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

London徒然草 で「侮るべからず」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。