日本、一時帰国、その2

01/05/2013 § 8件のコメント

小田原から戻り、数日後、またまた箱根。
大学の友人たちと、温泉ツアーへ。


みんな、いいおじさんおばさんになって、でも、本質は全然変わらず、お互いに、薄くなった頭とか、増えたシワとかを、皆でわらいとばし、帰りには事故でなくなった同級生のお墓参りにも、12人で押しかけてきました。

広い霊園で、彼のお墓のだいたいの場所はわかっていたいたものの、見つけられず、みんなで、この辺とかいいながら、お墓の名前を手分けして探したものの、彼は、よくある苗字だったため、あった、いや違うなんていいながら、やっと見つけた墓前で、記念撮影してきました(笑)

学生時代の友人は、いいなあ。

この時、車で分乗して走った、箱根ターンパイクから見た『富士山』本当に何度見ても美しい山です。

世界遺産になるそうですね。

世界遺産といえば、、、
この箱根ツアーから戻って、翌日。

今度は、荷物も、そのまま持って、北上、岩手県平泉に向かって出発したのでした。


東京駅で、東北新幹線の出発を待つと、かの有名な、お掃除部隊。仕事ぶりをじっくりみせていただきました。

自分の仕事に、プライドを持って働いている人を見るのは、気持ちいいですね。

新幹線と東北本線を乗り継ぎ、平泉に到着。


わんこそば


毛越寺


中尊寺


中尊寺 金色堂
内部は写真撮影禁止でした。

歩いて周る、1泊二日。
母とのんびりの旅でありました。

そして、予約してあった、人間ドックにもいってきましたよ〜。

費用が、イギリスの半額なんです。
久しぶりに、バリウムも飲んできました。

つづく

Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

広告

§日本、一時帰国、その2」への8件のフィードバック

  • Mutsu より:

    学生時代のお友達と旅行、そして一足先に天国へ行ってしまった友人のお墓参り。きっとお友達もよろこんでいるでしょうね。
    時が経っても(中身は)変わらない仲間達。とても大切な宝物ですね。

    • ばく より:

      ほんとうに 宝物です。素顔も、何もかもばれているので、カッコつける必要もなく、いいですねえ。実はもう一人私たちは、同級生を病気でなくしているので、次回は彼のお墓参りを兼ねて、九州で温泉ツアーをしようと話してきました。

  • ウィリーMom より:

    ハードスケジュールで日本を満喫してたんですね!
    今回は、バクさん一人の帰国だったみたいで、、それはそれで今までと違う行動が出来て貴重な時間を過ごせましたね。
    この年になると、私も殆ど一人の里帰りになりました。気楽でいいですけどね。
    そして、同級生にも早く会っとかなくちゃね~~~~。
    人間ドッグ、花丸の結果でありますようにー・

    • ばく より:

      ちょっと、ハードな2週間でした。一人で帰国できる日がこんなに早くくるとは思いませんでした。だんだん身軽になります。喜ぶべきか、悲しむべきか。微妙です。同級生にも、友人にも会える時にあっておくべきですよねえ。人生明日はどうなるか、わからないデスものねえ。
      人間ドック結果、まだきていません!

  • kiyomi より:

    中身の濃い旅行をしましたね。
    同級生って不思議です。
    お互いおじさん・おばさんになっても、中身は昔と変わらず
    お互いにちゃん付けて呼び合って  笑
    一緒に旅行が出来るなんて最高ですね!

    お母様との2人旅もいいですねぇ。
    羨ましいです。

    充実した一時帰国、まだ何かありますか?
    次のUP楽しみにしています。

    • ばく より:

      こんな不定期更新のアップを楽しみにしてくださるなんて、恐れ多いです。まだまだありますよ〜。戻ってきてからもいろいろあって、なんだか毎日更新するべきですよねえ。 Kiyomiさんのように!
      今回は親との時間を優先したので、次回は友人優先で行こうと思っています。でも、いつになるのでしょうか?

  • マイマ より:

    いろんなところに行かれたんですね。。
    富士山やっぱりキレイです。。
    こちらからは・・見えませんが・・時々飛行機の窓から見えたりしてました。。

    平泉・・
    よく話に聞きますが・・静の美しさですね。。
    お母様との旅・・いい旅でしたか??
    一つ一つがいい思い出になりますね。。

    人間ドック・・健康のために受けたほうがいいですよね~~。。

    • ばく より:

      マイマさん、そのむかーし、一瞬栄華を極めた証拠が、ひっそりと、東北の山の中に、残されていたという印象です。
      母との旅も楽しく、娘との旅も、大好きです。娘がいて良かったと実感するのですが、母も同じようです。平泉は、母の立っての願いで行ったのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

London徒然草 で「日本、一時帰国、その2」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。