ピップくんの事

11/03/2013 § 20件のコメント

今日のロンドンは、一言、寒い(>_<)

マイナス気温はついに上がらず、北からの強い風で、雪が舞い踊る一日。

意を決して、防寒しっかり、散歩に出てしばらくして、ピップくん、やおら行方不明。

ぶぅさんに、リードをして、ピップ、ピップと呼び続けること15分。動かない方が良いだろうと思いましたが、あまりの寒さにじっとできないのと、全く気配がないので、いなくなった林に入って探すこと更に、15分。

30分たち、雪の中、諦めて近くのベンチにぶぅさんとふたり、座って途方にくれていると

遠〜くから、走って帰って来ました。

雪の中、かじかむ手で、何とかリードを付けて2匹を繋いで帰り道。

すれちがった、ボーダーコリーのオーナーさんに、話しかけられました。

「良かったわー」

ピップさん、4つ先のフィールドまで!行ってしまっていたこと、飼い主が周りに見当たらないので、しばらく一緒に連れてくれていたこと、いきなり猛スピードで走って行ってしまったこと。

無事に戻って来て、本当に良かった。

最近、このケースが多いのです。
行方不明事件。

実は、少し気づいていたのですが、黒目が大分白く濁って来たこと。
そして、見える距離で、ピップと、呼んでいるのに、反対方向に走って行ってしまったこと。

目も、耳も、以前のようには、行かなくなって来たのですね。

認めたくありませんが、彼の安全のためにも、そろそろオフリードの散歩も考えないといけないな、と少しだけしんみりとしております。

11歳4ヶ月のピップ君、シニアライフの始まりなのかなぁ?

最後に、今日はあの震災から2年。
今までの暮らしを、根こそぎ奪った、地震と津波。自分達のそこでの未来を、奪った原発事故。

遠いですが、同じ空の下から日本を思っています。

Posted from SLPRO Blog Editor for iPhone.

広告

§ピップくんの事」への20件のフィードバック

  • まきまき より:

    ピップ君が無事に見つかって良かったです。
    いい方が見つけ、気にかけてくれていて良かったですね。
    もしそのまま突っ走っていって万が一のことがあったら…と考えると
    怖すぎて言葉にもなりません。

    「老い」は生き物には必ずついてくる宿命。
    どのように老いと共存していくか、老いて不自由になっていく肉体と
    心の自由の境界線をどこに引いていくか、家族が支えていくか、
    考えなくてはいけない時期に入ったのかもしれませんね。
    ばくさんの日記を訪れるようになったばかりの頃は
    まだまだピップ君はやんちゃな盛りで、元気いっぱいだったので、
    犬の老化はやはり早いんだなと、しみじみ感じてしまいます。
    (まぁ、私も見た目、体力、気力、多方面で年はとりましたが…。)

    東日本大震災から2年ですね。
    昨日テレビで宮城県の方が、「あんなに怖い思いをしたのに、
    それを経験した自分ですら怖さを忘れてきている」と言っていました。
    だけど傷跡はまだまだ深いです。
    私ひとりの力は微弱ですが、僅かでも今出来ることをと思い続けたい。
    実行していこうと思っています。

    • ばく より:

      本当に戻ってくれてホッとしました。ピップ君も確実に歳をとって来ている事を実感せざるをえなくなってきました。年月は確実に過ぎて行き、命ある物は必ず滅びて行く物ですが,切ないです。

      あの,震災からもどんどん月日が流れて行きます。まだまだ生活を立て直す事が出来ていない人たちを,決して忘れたりしては行けないですよね。

  • マイマ より:

    ピップ君・・11歳ですか。。まだまだお元気な若者みたいです。。
    でも・・やっぱり衰えは耳や目からでしょうね。。

    我が家も13歳の時に迷子になって・・2ヶ月行方不明にになっていた子がおりました。。
    やっぱり・・お家から出て行ったものの・・若い時は遠くへ行くなんて考えられなかったんですが・・
    帰り道が分からなかったようです。。
    親切なおじいさんに飼われていました。。ミニダックスでした。。

    気をつけてやらないといけなくなってきましたね。。
    寂しいですね。。
    でもでも・・元気だし・・耳や目から年を感じるような子は・・きっと長生きしますよ。。

    • ばく より:

      2ヶ月も行方不明!!  それは心配でしたね。でも,よく見つかりました! 帰り道がわからない,その通りだったようです。
      気をつけてあげないと、本当に危ないと思うようになりました。同じなんですね。あとはてんかんの発作があるくらいで、それ以外はとても元気なので,このままやんちゃじいさんになってもらおうと思っています。

  • レイコ より:

    ピップ君、見た目若々しいからわからないわね。
    老化は悲しいけれど、受け入れないといけないのね。

    うちで飼っていた猫がいつもなら乗れるところへ乗れなくなり、降りられなくなり、って、日に日に衰えていく様子が寂しかったです。
    食べたばかりなのに食べてませんって言いに来たし(笑)
    いつもなら嫌いであまり食べない猫缶も完食してた。

    こうなったらぶぅちゃんに介助犬になってもらいましょう(笑)
    リードをぶぅちゃんに任せるっていうのはどうかしら。

    • ばく より:

      「たぬこ」事,にゃんこも、15歳,まだ,2段ベッドの上の段に乗るので大丈夫そうですが,これから,2匹が下り坂かなあと思うと、ちょっと辛いです。ぶぅさん、介助犬、いいですねえ〜。こうなったら,2匹,繋いで放すしかないかもしれませんねえ。で,自分も歳を感じるようになってしまったし….(悲)

  • ごん太ママ より:

    哀しいかな 私たちより 駆け足で 年をとってしまうのですよね。
    ピップ君も 白内障なり始めかなぁ。
    でも 見つかって良かった。ピップ君も 慌ててたでしょうね。
    うちは家の中でも 私を見失うのか 二階から降りてくると なぜか トイレの前で 私を待ってる事があり、(^-^) 声かけるとあれれ?てな顔をしてます。笑えるけど 年とったなぁと 感じますね。
    震災後の復興は ままならず 今もふるさとに帰れない方が 大勢いらっしゃる。
    今朝の新聞に セシウムを電気で吸着し 最大で土壌の放射線セシウムを 約七割除去する技術が開発されたと載ってました。
    早く利用されればと 願ってやみません。

    • ばく より:

      目はだいぶ白く濁って来たので,白内障でしょうねえ。ゴン太クン、トイレの前で待っているのは笑えます。でもふっと悲しいですよねえ。

      震災、腑に落ちないのは、地震に伴う津波は,これは天災ですが、原発は人災で、人々の未来を奪っておきながら,想定外という言い訳に終始するところです。早く人間の英知を集結して,収束し、今回の事からいろいろ学んで学習して,再発しないように覚悟したいと思います。

  • いなひこ より:

    ピップ君不安だったでしょうね。
    きっと道が分かった途端 全速力で、ばくさんの元に飛んできたんですね。
    九太郎も目がだんだん白いです。
    普段見てると、今までどうりですものね。
    お散歩中もたまに、段差にずっこけそうになってます。

    • ばく より:

      そうだと思います。私が見えたか、気配を感じたか,居場所がわかって全速力で走って戻って来たに違いありません。彼が行っていたのは車を止めたところに近かったのです。私を見失い戻っていったのだろうなと思うと、恐いです。家に戻るには,ぽぴちゃんの事故があった道路を渡る必要がありますので。

      やはり気を使ってあげないと行けない時期に来てしまった用です。

  • ちょろひこ より:

    ご無沙汰です!そっか、老いは人間にも犬にも当然訪れるものだけど、ちょっと考えさせられますね。でも上手に付き合えばずっと安全で元気でいれるはずだし、受け入れて対処すればいいんですよね。
    情緒不安定、私もハイアンドローが激しいですよ。。これもお年頃。。いや更年期かも、、とも思ってます(苦笑)お互いのんびり行きましょ!

    • ばく より:

      まだまだ元気そのものですが,今までのように、私も,見えなくなっても安心してはいけないと思うようになりました。いつも視界の端に入れておく用、心がけています。

      コーネンキはねえ、まあ、適当に付き合いしていこうとおもってます。どうなる物でもないですものねえ。

  • kiyomi より:

    ピッブくん、無事に戻って来れて良かったです。
    読んでいてドキドキしちゃった。

    ふと感じる老いって、犬にもあるんですよね。
    自分の老いよりも切実に悲しいかも・・・
    私もマイロを見ていて「年取ったなぁ」と感じる事が多くなりました。
    愛犬の老いと上手に付き合って行く工夫が必要かもしれません。

    • ばく より:

      本当に無事に戻って来てよかったです。私を見失って,慌てて車を良く止めるところへ戻って行ったようでした。これからは,いつも視界の端にいれておくべきと、自分に命じました。

      自分の老いも悲しいですが,愛犬の老いは、寿命が短く一生を駆け抜けるワンコの命を考えると、心臓が,ギュッと痛くなります。少しづつ期をつけてあげつつ、日々を大事にするしかないですね。

  • ままま より:

    自由に走り回られる素晴らしい環境ながら、またこんな問題も出てくるんだね。
    帰って来れているからいいのだけれど、先のことも心配だし。
    ピップにはいつまでも自由に飛び回っていて欲しいけれどなぁ。
    自分の愛犬はいつまでも子供のようではあるけれど、やっぱり老いも認めていかなければいけないのね。
    切ないけれどね。
    最近周りで亡くなる子が多くて考えさせられます。

    • ばく より:

      自由にさせてあげる範囲を考える必要が出て来たようです。我が家の裏なら道も渡らず,帰り道も絶対に間違えずに帰ってこられると思うのですが,それ以外のところでは,必ず見えるところにいてもらうしかありません。気を抜けないということですねえ。

      私も回りでも、天寿を全うして虹の橋に行ってしまう子が多くて,そのたび、辛いです。。。

  • Mutsu より:

    動物も人間も老いることは自然なこと。
    ただ、『老い』とは何かを知ってしまっている私たちにとって、駆け足で先に老いてゆくペットを見るのは辛くて切ないことですよね。。。
    ピップ君の安全のためにも、リードかなぁ。
    怪我がなくてよかったです。

    この間、ランチでいらした知り合いでない『初めてのお客様』がいらしたのですが、それがなんと先代犬と同じレオンベルガー連れでした!

    その子は同じ町に住んでいるのは知っていたけれど会えなかったレオンベルガーだったんです。
    飼い主さんと『呼ばれたのかねぇ』と話しちゃいました。
    オルカは初めて見る巨大犬にしっぽがピーーーンっと立ってましたよ。(笑)

    • ばく より:

      そうですねえ。我が家の裏のフィールドなら,きっと間違いなく戻って来れると思うのですが,それ以外のところでは視界から消えない用に、充分気をつけるか,リードですね。残念ですが,また事故など起きたら耐えられないので,背に腹は代えられません。レオンベルガー連れの方が,初めてのお客様なんて、、、、、本当に本当に縁ですね。。だってレオンベルガーなんて,それこそこちらでも、散歩中、1,2回しか出会った事がない犬種ですもの。それも日本で!!同じ街で!!

      これから,常連さんになってくれるといいですね!
      お疲れの出ませんように。

  • ダンボ耳ジャック より:

    いつものテリトリーで迷子になったピップくん、慌てちゃったでしょうね。
    雪の中、半時間心配しながら待っていた心中、ご察しします。
    ピップくん、ジャックより4ケ月弟くんですね。
    実はジャック、先月上旬にゲージから出たら、後ろ脚ケンケンしてて。
    CT撮ったり注射したりしましたが、結論は関節炎で、完治はしないとのこと。
    覚悟はしていたので、思ったよりショックは少なかったのですが、年の割に元気だと言われていたので、何故ジャックがと思ってしまいます。
    足を庇いながら散歩したり、室内での動きが減ったり、寝ている時間が増えたりと、確実に老いているんだなぁと感じます。
    ピップくん、音への反応はどうですか?
    ジャックは過敏になって吠えるようになりました。分離不安も出てきたようです。
    ジャックの為というよりは、手前勝手ながら私の為に、2頭目を考え始めています。
    家族はジャックが可哀そうと反対なのですが、ピップくんの反応はどうだったでしょうか?
    若い仔が来ると元気になるよ、と言う人もいますが、遅すぎでしょうか?

    • ばく より:

      関節炎、つらいですね。。。覚悟していたとはいえ,やはり現実となると,苦しいです。犬も,人間同様、老いて行くもの。それは頭では理解しているのですが,なかなか、受け入れるのが難しいです。
      ピップ君,音の反応や,分離不安などはあまりないようです。お留守番はめったになく、4時間以上犬だけで置いておく事は皆無なので,今ひとつ,絶対ないとは言い切れませんが,今のところ平気そうです。

      もう一匹。。私はジャック君がかわいそうとは思いません。犬は群れの生き物ですから,一緒にいる事で安心する事もあるのではないか?と私はうちの2匹を見て,感じています。散歩中、ピップはぶぅをひかの犬から守ろうとしますし。見ていて微笑ましいです。
      縁があれば,きっと状況が設定されて,新しい家族が増えるのではないか?と思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

London徒然草 で「ピップくんの事」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。