女王さま

28/05/2012 § 6件のコメント

今度の日曜は、イギリスの女王さまの戴冠60周年の記念日。
様々な大きな記念行事から、小さなご近所寄り集まり、ストリートパーティまで、いろいろ計画されています。

雑誌やスーパーマケットも、大忙し。

20120528-210629.jpg

日本語で、女王さま、というとすご~い人みたいにきこえますが、

20120528-210829.jpg
彼女と、愛犬たち

英語で、Queen というと、

20120528-210948.jpg
旅行先へお供のため、飛行機へ

私にとって、ウエルシュコーギーをこよなく愛す、ちょっとオールドファッションな,お金持ちの、お婆ちゃま、という感じなんですよねぇ。

広告

§女王さま」への6件のフィードバック

  • tenchan より:

    昔住んでいた家の近所の人がストリートパーティーを開いて
    訳も分からないまま参加したのがもう10年前のことです。
    あっというまですね。
    それにしても、女王様が映画やドラマでネタにされるところは、日本の皇室の比じゃないですね。

    • ばく より:

      学校から記念のマグカップを子供達が持って帰ったおぼえがあります。あれから10年ですね。皇室と言っても言いたいこともやりたいことも、日本と比べて、ゆるい分、ネタにもされますが、親しみやすいのも事実だと思います。

  • 虫主婦 より:

    ばくさんにはエリザベス女王は身近な存在なんですね。
    ワタシはやはり「おおお女王様だぁ~」って思うなぁ(^^ゞ
    お綺麗ですよね
    昔王室のコーギーが女王に噛みついて、一時お仕置きを受けた、と聞いたことがあります。
    クイーンがご主人では、コーギーたちにもいろいろ苦労があるのかな?

    • ばく より:

      お綺麗だし、60年に渡りよく務められているとおもいます。普通の人ならいやになっちゃいますよね。結構普通に暮らされている部分も報道されるのでみじかにかんじるのかもしれません。
      クイーンのコーギーに、マーガレット王女の犬がクリスマスに噛み付いて大怪我させてしまい、安楽死させた一件は覚えています。同じ犬かどうかはわかりませんが、ウインザーで、一般人に噛み付いて、裁判所に呼ばれたこともありました。

  • まきまき より:

    在位60年。重みを感じますね。
    昭和天皇も、自分の扱いが神から人間になるという大激動の時代を生きてこられたんだものな~。
    上の方もおっしゃってますが、映画やドラマもそうだし、Tシャツなどのグッズが売っているっていうのも、日本の皇室では考えられませんよね。
    日本の天皇陛下というと、「恐れ多くも陛下…」というイメージ。
    エリザベス女王様は、私にとってはもちろん遠いけど、もう少し気軽にとらえられるイメージです。
    コーギー、エリザベス女王といい、ターシャ・テューダーといい、おばあちゃま方のハートを掴む格別な魅力があるんでしょうか。

    • ばく より:

      60年も,会社勤めも想像しがたいのに、定年なしって、チト過酷です。でも、こちらの王室の皆さん,ちゃんと自己主張しますので、何とかやっていられるのかなあ?外から見ると,日本の皇室はがんじがらめで痛々しい気がします…..

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

London徒然草 で「女王さま」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。